メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

2004年09月23日

ディープ・ブルー [DEEP BLUE]

ばんちょう的ワンダホー度:★★★★★  ばんちょう的ワンダホー度について

データ

ディープ・ブルー
原題 DEEP BLUE
製作年 2003年
製作国 イギリス、ドイツ
上映時間 91分
監督 アラステア・フォザーギル、アンディ・バイヤット
脚本 アラステア・フォザーギル、アンディ・バイヤット
原作
音楽 ジョージ・フェントン
出演
オフィシャル
サイト
DEEP BLUE (Japanese)
DEEP BLUE (English)
ストーリー 科学者さえ見たことのないという深海5000メートルの世界、氷点下50度の中を生きるペンギン、クジラを襲うシャチ。
地球表面積の70%を占める海と、そこに生きる生物たちの真の姿を追うドキュメンタリー。

※ネタばれ注意

いい!
ものすごくいい!!

何がいいって、とにかく映像が美しいのよ!
素晴らしい!の一言です。
文句なしの★5つ。

淡々と海と、海の生き物たちの映像が続いて、ストーリーとかほとんど無いに等しいけど、ここまでクオリティの高い映像を観せられると、もー他のことなんかどうでもよくなっちゃう。

回したフィルムも半端じゃないらしいです。
うろ覚えだけど確か、普通の映画が200本くらい撮れるほどだとか、4年半かかったとか。

ほんとに、こんな映像どーやって撮ったんだ??ていう映像がテンコ盛り。
エライぞ!よく撮った!!

内容では、シャチが衝撃的でした。
自然界の生き物って、みんな食べるため、生きるために他の生き物を殺すでしょ。
無駄な殺生するなんて、人間くらいだと思っていたのに、シャチったら..。
食べないのに殺すの。
狩ったアザラシの子供をぽーーんて放り投げたりして遊んだり、何時間もかかってせっかく仕留めたクジラも、下あごを少し食い散らかしただけ。
人間の私が言うのもなんだけど、シャチってヒドイ。
なんかシャチを嫌いになってしまいそうだ。

アホウドリの狩りにも驚いた。
メチャクチャ泳ぐの。
海の中を。
フツーに、魚みたいに泳ぐの。

空は飛べるし、陸も歩けるし、おまけに水の中まで泳げるなんて、羨ましかー。
私もアホウドリになりたひ..

ペンギンが海から上がってくる映像も楽しかったな。
海に飛び込むところは見たことあるけど、そーいえば上がってくるところって見たことなかった気がする。
ものすごいジャンプで飛び上がってくるんだよ。
大群が。次から次へと。
まー考えたら人間みたいに、んしょっんしょってよじ登ってくるほうがあり得ないけど。
とにかく、可笑しかった。

あとはー、横じゃなくて縦に歩く、浜一面のカニとか、サメに襲われてスイミーばりに泳ぐイワシの群れとか、衝撃映像満載でした (゜◇゜)

BGVにも最適 (^-^)

広告

ディープ・ブルー スペシャル・エディション

ドキュメンタリー映画 アラステア・フォザーギル アンディ・バイヤット

東北新社 2005-05-27
売り上げランキング : 1252

おすすめ度の平均 : star

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはまだありません。