メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

2004年12月02日

新人はドイツ人

昨日、職場に新しい人が入りました。
名前はRバート、外人さんです。

新人といっても年齢は40代後半で、キャリア、スキル、共にかなりのものです。

技術的なスキルは、HTMLをはじめとするクライアント側の言語はもちろん、Pealもいけて、果てはVisualBasicまで、それらを自作のテキストエディタでコーディング。

コミュニケーションスキルとしても、展示会やカタログのコーディネイトなんかも経験ありで外注管理も任せられる、おまけに英語、ドイツ語、日本語の3ヶ国語バッチリ、というハイパードイツ人です。

今まで、ウェブ制作ができるのは私一人だったし、技術的な話が通じる人間が社内にいなくて、悩んだり、困ったりしても相談できる人もいなかったので、メチャクチャ嬉しいです。
ばんざ~い \^○^/

社内では本当に孤独で、誰にも頼ることができなかったけど、こんなに頼れる人にきてもらえるなんて!
アタクシ、嬉しくて嬉しくて ;_;

ウェブに関するスキルがどれくらいあるのかヒアリングをしてくれ、と上司に頼まれて、雑談まじり2時間くらいお話をしました。
外国人の友達や知り合いは今までいなかったので、外国の人とこんなに近くで長い時間話すのは初めてで、意味もなくドキドキしちゃいました (^-^;

日本にきて8年で日本語ベラベラ、外国人特有のアクセントはあるものの会話には全く支障なし。
気さくで話の分かる人です。
お堅い日本企業の社内で、モシャモシャとヒゲを生やしているのに全然違和感ありません。
なんでだろ?
黒くないからかな。
日本人が真っ黒いヒゲをはやしてたら、きっと浮きまくりだもん。
外国人というだけで充分目立つので、ヒゲごときはもう目にもとまらないのかもしれない ^-^

せっかくこんなすごい人と一緒に仕事できるんだから、いろいろ教えてもえたらラッキーだな~。
でもウカウカしてたら、私なんてクビになっちゃうかも。
ま、それならそれでラッキーかな。(をい)
以前辞めるって言った時は、辞めさせてもらえなかったからね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはまだありません。