メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

2005年01月

2005年01月01日

あけましておめでとうございます

とうとう年が明けてしまいました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
私は新年早々年賀状を書いています。
年賀状はお正月に書くモノだもんね、などと都合のいい言い訳を自分に言い聞かせつつ。

私の年賀状はここ数年、フォトショップとイラレでデザインしてプリントアウト、宛名とメッセージ少々を手書きする、という事にしています。

会社があるうちは休日返上で仕事してたから、とてもじゃないけど年賀状なんて書いてる余裕なんてあるわけない。
30日から休みで、30日はデザインを考えたり、描いたりして丸一日つぶれました。
て、31日は予定があって年賀状にあまり時間を割けなくて、合間をみて前日の続き、なんとか仕上げてプリントアウト。
そして今日、一言メッセージと宛名書きというワケです。

2004年は皆さんにとってどんな年だったのでしょか。
私の2004年は、プライベートも仕事もズルズルのグダグダ。
何の進歩もありませんでした。
こんな事でいいのでしょうか。
何も進歩のないまま、年ばっか取っちゃって。
もう二度と戻ってこない、貴重な時間。
いいワケないよねぇ。

なんとかして、この状況から抜け出さないと!
でもどーすればいいんだろう。
はう。

状況を変えたいなら、まずは自分が変わらなくちゃね。
はう。
自身ないや。

まず、第一目標はプライベートのほうね。
親孝行したいです。
子供もほしいです。
頑張ろう...

私の2004年一番のニュースは、なんといっても母が子宮癌になったことです。
もーーー、ほんっと辛かった。
金銭的に厳しかったのはもちろん、肉体的にも精神的にも、ボロボロでした。

たった一人の親だから、母に死なれちゃ困るのよ。
孫の顔も見せられないうちに死んでもらっちゃ、ものすごーーーく困っちゃうのよ。
(ずいぶん自分勝手だな、をい ^-^;)

でも、たくさんの人に助けられて、なんとか無事に治療を終えることができました。
癌の場合は、5年間再発しなくて初めて完治、ということですが、とりあえず元気になってくれてよかった。

辛かったけど、人の温かさ、優しさが身にしみた出来事でした。
友達は財産なんだという事、身をもって学びました。

終戦後1年半以上経って今なお毎日多くの人が命を落としているイラク、世界的な異常気象による熱波や自然災害、耳を疑いたくなるような異常な殺人事件。

いつになったら戦争がなくなるんだろう。
戦争のない世界なんて、あり得ないのかな。
人の数だけ思いがあって、それがみんな違うから、しょうがないのかな。
悲しいね。

みんなが他人を思いやることができればいいのに。
それができないのが、人間なのかな。
できないから、人間なのかな。

でもそんな人間のせいで、地球上の全ての生き物が被害を被ってるでしょ。
人間の何処にそんな権利があるんだろう。
人間て、そんなに偉いの?

理想論に過ぎないけど、戦争も、犯罪もない世界、みんなが笑って生きることができる世界。
2005年がそんな世界に少しでも近づく年になればいいと思います。

誰も知らない [Nobody Knows](こうさぎ)

こぷにゃこは、座を5するはずだったみたい。

*このエントリは、こうさぎの「こぷにゃこ」が書きました。