メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

2007年07月

2007年07月11日

草津とか長野とか行ってきた[3日目]

朝食の御膳

今日の朝ご飯はこれ。
バイキングも楽しいけど、ぐうたらな私としてはやっぱ部屋食いいわ~。

食事が終わってお膳を下げにきた仲居さんが、
「なんでも鑑定団に出ている、住田さんがいらしてるんですよ」
と教えてくれて、へぇ~と思っていたら、男性陣2人が
「やっぱり!」

どうやら2人は気づいていたようです。

チェックアウトまでまだ少し時間があったので、軽く朝風呂へいくことに。
男湯と女湯が入れ替わっているので、昨夜とは違ったお風呂に入れます。
今の時間は『竜宮の湯』というお風呂が女湯。

こっちのお風呂は、大きい内湯1つと、露天風呂、共に石造りのお風呂でした。
どっちかっていうと、昨夜女湯だった乙姫の湯のほうがいい感じだったかな。

お風呂から帰ってくる時に、住田さん発見。
住田さんの顔をあまりよく分かってないんだけど、なんか見覚えのある人だったので、きっとこれが住田さんに違いない!
(たぶん)お子さんと(たぶん)ご両親と、家族旅行みたいです。

チェックアウトすると、車が少し離れた駐車場にあるので駐車場まで送迎してくれるとのこと。
運転手さんがくるのを待つ間に宿の外観を撮影。

運転手さんがやってきて、車に乗り込みながら、
「いまそこに停まっている車、なんでも鑑定団の住田さんなんですよ。」

あら!そうだったの!
宿の外観を撮っている時、玄関の真ん前に停めて荷物を積み込んでた車、「邪魔だなー早くどいてくれないかなー」とか思ってたんですけど。
あれ住田さんだったのね~。
ばっちり写ってますわ。

住田さん

ほらやっぱり。

でも芸能人はタイヘンだなー。
ちょっと温泉に来たくらいで、みんなに触れ回られちゃうんだもんなー。
..と、かく言う私もこうして触れ回っているワケですが (^-^;

今日は、善光寺へ行って東京へ帰る予定。
でもKヲルが、善光寺へ行く途中に会社仲間のTNDの実家があるからちょっと行きたい、という事で、通り道だし寄ってみることに。

住所を頼りに近くまでいって、なんとか発見。
外から見るだけかと思ったら、いつの間にか上がりこんでいるし。
TND本人いないし。初対面だし。

突然、もちろんアポ無しで伺ったにも関わらず、モーレツな歓迎を受けてしまいました。
まさに熱烈大歓迎状態。
『ちょっと』では済みませんでした (^-^;

更に、これから善光寺へ行くと言うと、道案内までしてくれることに。
国道は混んでいるから、裏道で先導してくれるとのコト。
さくさくっと善光寺へ着いて、更に本堂まで案内していただきました。

善光寺ご本堂

じゃじゃーん!
これがご本堂でございます。
とても立派なご本堂で、見ただけでなんかご利益ありそう (^-^)

写真は正面から撮ったからそんなに大きく見えないけど、奥行きが長~いの。
木造建築でこれだけ大きい、という事で国宝らしいですヨ。

TNDのお父さんとお母さんにお戒壇巡りの券まで買っていただいて、ここでお別れしました。
突然お邪魔したのに、いろいろありがとうございました~。

お戒壇巡り

瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる御本尊様とつながれた極楽の錠前に触れ、秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際、お迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です。

善光寺ウェブサイトより引用

ほんと、真っ暗です。
あんな真っ暗は生まれて2回目の体験でした。
最初は足がすくんでなかなか進めなかったけど、だんだん慣れてきて、めでたく極楽の錠前も探り当てることができました。いえい v(^-^)v

お戒壇巡りが終わって、同じ券で入場できる史料館と経蔵も見てきました。

経蔵

内部中央には八角の輪蔵があり、その中には仏教経典を網羅した『一切経』が収められています。輪蔵に付属している腕木を押し回すことでこの『一切経』を全て読んだことと同じ功徳が得られるといわれています。

善光寺ウェブサイトより引用

経蔵の輪蔵は、すんごい重いです。
受付のお姉さんが手伝ってくれて、やっと回すことができました。
でもこれで、ありがたーいお経を全部読んだことにしてくれるワケで。
これくらいは頑張らないとね。うひ

本堂脇の売店で母へのお土産に『ぼけ封じのお守り』を購入(笑)
仲見世を少しウロウロして、さらにお土産を少々。

帰りは上信越道から関越へ入って、東京へ。
途中、上信越道の横川サービスエリアへ寄ったので、夜ご飯用に『峠の釜めし』を買いました。

なんか車の中お土産だらけなんですケド。
どーしてこんなに買っちゃったの??
いつもは電車とかで旅行で、荷物が増えると大変だからお土産もそんなに買わないんだけど、車だと荷物が増えてることに気付かなくてついついたくさん買っちゃったみたい。
車って怖いわー。
でも便利~ *^-^*

高速降りて、途中ファミレスへ寄って、家の近くで車を降ろしてもらっている時、近所に住んでいる三谷幸喜さんに遭遇。
今日はよく芸能人に会うなー。
そんなこんなで20:00頃に無事に家に帰りました。

善光寺もよかったし(無宗教のクセに何故か神社仏閣好き)、温泉三昧気持ちよかったし、楽しい旅行でした (^-^)

2007年07月10日

草津とか長野とか行ってきた[2日目]

8:00に起きると、N川くんは昨夜の宣言通りもう朝湯へ行っていました。
N川くんがお風呂から帰ってきてから、朝食へ。
朝食もバイキングです。

朝のチョイス

今朝のチョイスはコレ。

梅がゆ、豆腐とわかめのお味噌汁、オレンジジュース、ヨーグルト、ブロッコリー、トマト、スクランブルエッグ、ソーセージ、ポテト、ほうれん草のおひたし、切干大根、ザーサイ。

朝からこんなに色々食べちゃって、健康的~☆

10:00にチェックアウトして出発。
今日の予定は、白根山の湯釜~万座温泉~戸隠でお蕎麦~長野の戸倉上山田(泊)

天気予報は雨で、実際小雨がぱらついていて、場所によっては霧も出てました。
しかも寒い。
標高が高いので、気温13度くらいしかないところもあったりして。

湯釜までは30分弱。
駐車場から湯釜まで、ちょっと(いや、私にとってはかなり)登ります。

湯釜への道

おろろろ~。頂上が見えませ~ん >_<

息も絶え絶えでやっと湯釜を見下ろす高台へ到着。

湯釜

これが湯釜。
大きい源泉で、湖のようになってます。
ちなみに入浴施設はありません。

湯釜からこれまた30分弱で万座へ到着。
万座温泉ホテルで日帰り入浴~。

ここは『ザ・日本の温泉!』ってカンジのお風呂で、いい味かもし出してました。
3日間通して、ここのお湯が一番よかった。
疲れが取れたってゆうか、なんかすごいすっきりして体が軽くなりました。

極楽湯

なんてったって『極楽湯』っつーくらいだもの~。

泉質は硫黄系で、草津と似たようなカンジです。
ゆで卵臭です。
でも白濁してたのは、このお風呂だけ。

万座温泉ホテル露天風呂

いやぁ~風情がありますな~。
N川くんによると、天気がいいと景色も素晴らしいらしいです。
今日は雨で景色は残念だったけど、他に人もいなくて独り占め、ちょっと贅沢気分。

万座を出て戸隠へ。

N川くんが目星をつけていてくれたお蕎麦屋さんは、駐車場がなくて断念。
テキトーに駐車場の広いお店に入りました。

それにしても戸隠ってお蕎麦屋さんだらけなのね。

それと、霊山っぽい場所なのね。
大きな神社と、とても立派なご神木がありました。
今日はお蕎麦が目的だったので、お蕎麦を食べてすぐ出ちゃったけど、また行く機会があったら神社も行きたいな。

戸隠から戸倉上山田までは2時間くらい、宿に着いたら18:00でした。

亀屋本店

今日のお宿は戸倉上山田の『亀屋本店』。
建物は地味だけど、この温泉街では比較的大きな宿みたい。
食事も、お風呂も、なかなか良かったよ。

なんてったって、安かった!
N川くんが1日1組限定の、部屋食、貸切露天風呂無料サービス付きで1泊2食6800円っていうプランを取ってくれたの。
いや~、何から何までお世話になります。

貸切露天風呂 檜風呂

これが無料サービスで入れた、貸切露天風呂の『檜風呂』
この宿も泉質は硫黄みたいです。
でも草津や万座ほど臭くないです。
大浴場に入った時に、一瞬ちょっと臭った程度。

お風呂を出たら、夕食でした。

夕食の御膳

おほほ~。
この御膳で6800円は激安でしょお。

もちろん美味しかったですヨ。
私はイカ刺しがあっただけで満足。
Kヲルは茶碗蒸しがあっただけで満足。
N川くんは..なんだ?

この戸倉上山田はいわゆる『温泉街』的な町で、浴衣でウロウロできるという事なので、夕食が終わってから、街へくりだしてみました。
しかーし。
時間が遅すぎたのか、とにかくスナックばっかり。
しばらく徘徊してみたけど、いまいちぐっとくるものがなくて、とりあえず射的をやって、お酒を調達して帰ってきちゃいました。

帰ってきてから大浴場へ。
もう22:00だったので、ガラガラでした。
昨日に続いて今日もらっきー。

大浴場は2つあって、24:00に男湯と女湯入れ替え制です。
今の時間は『乙姫の湯』というお風呂が女湯。
乙姫の湯は内湯に大きな浴槽と寝湯があって、あと露天風呂。
全部ひのきのお風呂です。

ふぃ~温泉三昧~。
ちょー贅沢ぅ~。

2007年07月09日

草津とか長野とか行ってきた[1日目]

9日~11日まで、草津と長野へ行ってきました。
メンバーは、Kヲル、Kヲルの昔のバイト先の友達でN川くん、私の3人。
旅の目的は温泉めぐり。
というのは建前で、真の目的は買ったばかりのN川くんのキャデラックを汚すコト。らしい。

キャデラック

10:30頃N川くんがキャデラックでさっそうと家まで迎えに来てくれる。
すっげーカッコいいーデカーい!
車のことはよく知らないので分からないけど、四駆みたいなカタチで内装は総レザー。
ひょっとして...高級車?
中も広~い \^o^/

関越乗って渋川伊香保で降りて、一路草津へ。
今日はとりあえず宿に直行のようです。

途中ベイシアとゆースーパーでお酒とつまみを調達。
ここらではワリとメジャーなチェーン店らしいです。
草津でもお店はあるけど、高いんだって。
観光地だから?

N川くんは以前万座で働いていたことがあって、この辺のことにやたらと詳しい。
頼りになります。

15:30頃に今夜の宿、『草津ナウリゾートホテル』に到着。
ナウですよ!ナウ!!
いや...特に意味はないんだけど。

ナウのロビーで怪しげなパンフレット発見。

ブルーナ?

...ギリギリだすな~。

とある牧場のパンフレットなんだけど、ブルーナ?ってカンジ。
でも、牛の背中のあたりとか、このラインはブルーナにはあり得ないな。
その辺で違いをアピールなのかなー。

荷物を置いて、夕食前に草津探索へ。
N川くんの案内で、強制的に温泉まんじゅうをくれる通りを通って、湯畑(ゆばたけ)へ向かうことにする。

途中、石壁の隙間から生えている珍しい雑草を発見。

雑草?

ん????

近寄ってみた。

まんじゅうカヨ!

まんじゅうカヨ!

壁からまんじゅうの生える街。
おそるべし草津。

まんじゅうストリートへ入る。
N川くんの言う通り、無理やり温泉まんじゅうを手に握らされ、数歩歩くと次のおまんじゅう屋さんがまんじゅうを手に乗せ、さらにお茶まで持たされた。
す、すごい... °○°
手が塞がって食べられないんですケド。

食べるだけ食べて、もちろん買わずに湯畑へ。

湯畑

じゃーん!!
これが湯畑ですよ!
草津と言えば湯畑ですよ!
知ってた?
私は知らなかった!(ぉぃ)

湯畑

案内板によると、湯の花が採れるところ、湯の畑、湯畑らしいです。

臭いです。
強烈な腐ったゆで卵臭です。
でも10分もいると、鼻が慣れちゃって全然臭くなくなっちゃった (^-^;

ナウへ戻って、夕食。
バイキングです。
なんかもう、バイキングってワクワクするね。
うひょーー \*^o^*/ ってカンジ。

N川くんのチョイス

N川くん。

Kヲルのチョイス

Kヲル。

私のチョイス

私。

どお?このチョイス。
左から大根と筍の煮物、海鮮丼、岩海苔とネギのお味噌汁、サーモン、ブロッコリー、アスパラガス、トマト、漬物類、ロールキャベツ。
和食系でまとめてみました。

ポイントは、お刺身をご飯の上にのせて、『海鮮丼』にしたトコロ。

そんでこの後にデザートを補給にいきました。

ご飯が終わって、一眠り。
21:00ころに大浴場へ。
温泉♪温泉♪

時間をずらした甲斐あって、大浴場は空いていました。
私の他には2~3人。
露天風呂は貸切状態でした。らっきー☆

お湯は透明だったけど、硫黄臭むんむん。
打たせ湯、真水のお風呂、温泉のお風呂、露天風呂、あとたしかもう一つなんかありました。
大きいお風呂は気持ちいーな~。

2007年07月04日

IE6とIE7を共存

IE7がリリースされてだいぶ日も経ち、コーディングする時はそろそろ無視できない雰囲気になってきました。
かといって、まだまだシェアの高いIE6を捨てるワケにもいきません。
というより、自分のマシンはWindowsXP (SP2) なのでIE7にアップグレードするのにはまだちょっと危険なニオイが・・・(^-^;
つまり、IE6と7を両方使いたい!!

というワケで、探してみました。
いくつか方法はあるみたいで、自分用にまとめておきます。

IE6をメインに、IE7をスタンドアローンで使う

IE7 Standalone(英語)[VelocITさん]
  • 新しいウィンドウで開く、バージョン情報、印刷、印刷プレビューなど利用不可
次のサイトで、詳しい手順が日本語で紹介されています。
IE 7をスタンドアローンで起動する[コリスさん]
Internet Explorer 7 running side by side with IE6. (standalone)(英語)[TredoSoftさん]
  • IE7が英語版。
  • 条件分岐コメント(<!--[if lte IE 7]>)を有効にするには、さらにレジストリを編集する必要がある
  • 起動時にhttp://runonce.msn.com/runonce2.aspxにアクセスしてJavaScripterエラーを起こし、表示に失敗する
  • お気に入り、印刷プレビュー、バージョン情報など利用不可
次のサイトで、詳しい手順が日本語で紹介されています。
Internet Explorer 6 と Internet Explorer 7 を共存させる[小粋空間さん]
インストーラを使用する場合の手順
続・スタンドアローン版IE7[@kazuhi.toさん]
インストーラを使用しない場合(手動インストール)の手順
IE7を日本語版にすることもできる。

IE7をメインに、IE6をスタンドアローンで使う

Install multiple versions of IE on your PC(英語)[TredoSoftさん]
  • IE3~6をスタンドアローンでインストールできる(すべて英語版)
  • 印刷プレビュー利用不可
  • IE6でJavaScriptがうまくクッキーを覚えない
  • その他、機能の制約がたくさんあるらしい(けど英語なのでよく分かりません(^-^;)。
Browser Archive(英語)[evolt.orgさん]
  • IEに限らず、色々なブラウザの色々なバージョンが配布されているサイト(すべて英語版)
  • 英語なので詳しいことはよく分かりませんが、たぶんIEのスタンドアローンは機能の制約が多々ある予感
  • 主にJavaScriptの動作確認のため、こちらのサイトからIE4をインストールした事がありますが、特に問題はなかったと思います。

私の場合、IE7はコーディングする時に動作や表示の確認をしたいだけなので、メインはIE6のままでIE7をスタンドアローンで立ち上げる方法がベスト。
そして、条件分岐コメント(<!--[if lte IE 7]>)が使えないのは困る。

というワケで、コリスさんのIE 7をスタンドアローンで起動するを参考にさせていただいて、IE7 Standaloneを使ってみることにしました。
詳しい手順はコリスさんにあるので省略しますが、自分がちょっと戸惑った点を補足としていくつか書いておきます。

  • 日本語版IE7を使う場合は、『IE7 Standalone Setup.bat』を実行する前にテキストエディタで開き、7行目の『IE7-WindowsXP-x86-enu.exe』を『IE7-WindowsXP-x86-jpn.exe』に修正する。
  • 『Hotfix for Windows XP (KB915865)』というウィザードがでるので、ウィザードに従って完了。
    これをインストールしなくても、HTMLの表示には特に影響はないみたいですが、タブ機能が使えなかったり、メニューバーをどう頑張っても表示することができなかったり、なにかと不便。
    後でインストールする場合は、IE7_Final - Installation - update - xmllitesetup.exeを実行すればいいみたいです。

この方法でしばらく使っていますが、特に問題もなく、とても重宝しています。

それにしても、そもそもなんで複数バージョン使うのにこんな苦労しなきゃいけないのよ?
IEとWindows依存しすぎ(>_<)
トップシェアだけに、無視できないのがまたキビしい現実ですワ・・・。