メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

2009年08月

2009年08月03日

歯列矯正 [08] 調整1回目 色々動きました

2009年7月10日、第1回目の調整をしました。

この1ヶ月の歯の動き

全体的に、今は主に右側を動かしているみたいです。
1本のワイヤーを通してるのに、左側は動かないで右側だけ動くなんて不思議~。

写真1:正面 2009-07-11
写真2:正面 2009-06-13(ワイヤー装着時)
写真3:上顎 2009-07-11
写真4:上顎 2009-04-08(初診時)
写真5:下顎
上:2009-07-11、下:2009-04-08(初診時)
右上2番

一番動いたのは、右上2番です。
写真1と2を比べるとよく分かります。
1番の後ろに半分くらい隠れていた2番が、だいぶ見えてきています。

右上1番

右上1番も正面から見ると、やや斜め(2番側の下が持ち上がってる感じ?)だったのが、真っ直ぐになっています。(写真1, 2)
あとほんの少しだけ奥に引っ込んでいます。(写真3, 4)わーい。
出っ歯さん、さようならー (^o^)/~~

右下3番

右下3番はおかしな向きに生えていたのですが、クルっと回転して正しい向きになってきました。(写真5)
あと若干前方へ倒れかかっていたのも、真っ直ぐ立ってきました。
下の歯の中ではこの歯が一番痛かったけど、なるほど、一番動いてるかも。
その変わり、歯肉も恐ろしい勢いで下がって、なんか超ロングな歯になってしまいました。

これって一時的なものなのかなー。
落ち着いてきたら、また歯肉が復活したりするのかなー。
・・・・しないだろうなぁ、きっと (T_T)

歯が動くと歯肉が後退するけど、それはしょうがないことだから、的なことが治療を始める前にいただいたプリントに書いてありました。
それにしてもこの3番のロング具合・・・・コ、コワっ。

下前歯全体

右下1番と2番の間と、左下2番と3番の間に隙間が開いて、すっかり隙っ歯になりました。(写真1, 2, 5)
左へズレていた正中(1番と1番の間)も正面に移動してきて、上と揃いつつあります。(写真1, 2)

右前歯全体

上は右側が引っ込んで(写真3, 4)、下は右側が出っ張ってきてるので(写真5)、なんかもーガチャガチャ。

そのせいか口をキッチリ閉じるとか、すぼめたりとかが難しくなってきました。
ブクブクうがいをすると、水がピュッピュッと飛び出てきちゃいます。
あとストローも難しいです。
隙間から空気が入ってくるので、手で口を閉じてあげないと吸えません (^-^;

顔面神経麻痺になった時のこと思い出しました。
あれに似てるかも~。

抜歯した隙間

噛みづらくてしょうがないので、抜歯した右上下4番の隙間が早く塞がってくれるのを一番期待していたのですが、これはあまり変わってない気がします。

右上2番がこれだけ動いているので、つまり隣の3番も動いているハズ。
という事は抜歯した4番の隙間も塞がってきてるハズなんだけど、ほとんど実感はありません。残念。

左上抜歯の攻防

「えーと、2番を残したいんでしたっけ?」
と、診察台にいらっしゃるなりT先生から切り出してくれました。ラッキー☆

「はい。2番抜いちゃうと1番の隣に3番が並ぶから、3番尖ってるしカッコ悪いんじゃないかと思うんです。
Y子先生も3番を2番のように見せる処置もできるけど、せっかく矯正するのにそんな処置が必要になるのはもったいない、っておっしゃってました。」

するとT先生は、あーそういうコトか!という感じで、
「あーそれね!この3番は(先端が)もうだいぶ削れちゃってるから、あと少しだけ削るだけで大丈夫。今度見せてあげますよ。」

何を見せてくれるんだろうか。
同じような症例で、上手いこといってる写真、とか?
今度じゃなくて・・できれば・・・今日見せて欲しいニャー。

それと。2番と3番の違いって尖がり具合だけじゃないと思うデス。
2番は平べったいけど、3番は曲面っていうか表面に丸みがあるから、先っぽを少し削っだけじゃ、やっぱどーなの?

Y子先生は、3番に板のようなものを貼って2番ぽく見せたりする、っておっしゃってました。
そんなことしたら、無駄に3番を削ってしまうことになるし(たぶん)、またその板が外れたとか欠けたとか、トラブルの可能性も出てきたりするんじゃないのかなぁ?いやーん。
やっぱりイヤですぅ。

そんなこんなで「まあ、もう少し時間ありますから。」と今日はこれでこの話は終了。

ワイヤー交換

今日は上だけワイヤーを変えました。
下はそのまま。
まだ、次の段階に行けるとこまで動いてないのかな?がっくし。

今までブラケットが付いていなかった、上の左右一番奥の歯(7番と8番)にブラケットが付いて、ワイヤーも通りました。

上は太いワイヤーになったみたいです。
T先生が衛生士のステキちゃんに何かの数字を指示していて、たぶんワイヤーの太さだと思うのですが、その数字が大きくなってました。

結紮線痛いと言ってみる

ブラケットとワイヤーを留める為に巻いてある細い針金のことを結紮線(けっさつせん)というそうです。
ワイヤーを装着してからのこの1ヶ月間、この結紮線の切り口がいちいち全部刺さって、痛くて痛くてたまりませんでした。

治療前にいただいたT矯正歯科のパンフレットには、針金の他にもおしゃれなカラーゴムがあると書いてありました。
おしゃれかどうかは疑問だけど、ゴムなら痛くないんじゃ?(そもそも切り口ないし)と閃いた私、今度はゴムにしてください、って言ってみようと思っていました。
ただ、小心者なので言えるかどうかが心配。

ブラケットを付け終わるとT先生は次の患者さんへ行ってしまったので、衛生士のステキちゃんに勇気を出して「針金痛いからゴムにしてください」と言ってみました。
するとステキちゃんがT先生にお伺いに。
あぅ、ステキちゃんごめんなさい、最初から先生に言えばよかった。
T先生いつもお忙しそうなので、切り出せませんでした。

で結局、ゴムにしたい理由は「痛いから」というだけなので、ワイヤーの切り口を念入りに処理してもらうことにして、ゴムは却下になりました。
ワイヤーとゴムとでは若干動きが変わってくるそうで、ゴムでも問題ない場合もあるけど、私の今の状況ではワイヤーのほうがいいとのこと。

ゴムだと摩擦高そうだし、動きが遅くなっちゃうのかな?
あと着色も結構すごいみたいで、最初はいいけどすぐに汚くなっちゃうとステキちゃんが言ってました。

すぐに調整できるので痛くなったら来てください、と言われたので、遠いからそう気軽には来れない、と言うと、
「あー、そうですよねぇ・・。じゃあシッカリとやっておきますね。」
と念入りに切り口を処理してくれました。

そして、これでももし歯磨きなどで飛び出てきてしまうことがあったら、爪楊枝のお尻のほうで押し込むといいですよ、と教えてくれました。
ステキちゃんたら、やっぱりステキ *^-^*

ナイスなワックス発見

T矯正歯科は、受付にワックスや歯ブラシなどケアグッズが置いてあります。
帰り際に、ワックスのラインアップが増えていることに気付きました。
以前T矯正歯科で買った、無色透明のケースに入った粘着力の弱い残念なワックスの他に、近所の矯正歯科で相方が買ってきてくれたナイスなワックスにぱっと見そっくりなラメ入りのカラーケースが並んでるじゃないですか!!

「これって同じメーカーですか?」
「たぶん・・違うと思いますけど・・・。」

いきなりワケの分からないことを言ってしまったので、受付の方を戸惑わせてしまいましたが、陳列ケースから出して見せてくれました。
ラメのケースのほうは、中に英語が書かれた小さな紙が入っていて、ケースにも「OrthoSil」と書いてあります。
おんなじ!近所で買ったナイスなワックスと同じです!!

値段を伺うと、残念ワックスと同じ120円だそうです。
近所の矯正歯科では210円。
安い!!やったね \(^○^)/

ワックスはまだあったけど、嬉しかったので早速購入。

受付の方に興味深そうに「違いますか?」と聞かれたので、鼻の穴を膨らませて「ぜんっぜん違います!!!」と力説してしまいました (^-^;

次回は2週間後

次回は1ヵ月後かと思ったら、2週間後でした。
今日上のワイヤーしか変えなかったからなのかな。

上顎はワイヤー交換した直後から強い締め付け感があって、夜には少し痛み出しました。
こりゃ明日は相当痛いんだろうなー、と覚悟していましたが、思ったほど痛くなりませんでした。
ワイヤー太くなったから痛みも強くなるかと思ってたけど、慣れちゃったのかな。
違和感はあるけど、痛みは大したことないです。よかった~。