メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

母の子宮がん カテゴリ

2004年09月18日

抗がん剤治療を終えて、仕事復帰

かつこさんは、5クール目の抗がん剤治療を終え、7月24日に退院してから約2ヶ月、やっと仕事復帰が決まりました。
三連休明けの21日(月)からです。

退院後は週に一度のペースで3回外来へ行きました。
毎回血液検査をして白血球の数値を調べたのだけど、1回目は2000台で注射、2回目は1500を切るくらいまで下がってしまって、やっぱり注射。
3回目の時にやっと4800くらいまで上がって、注射なしになりました。

そして、
「もうだいぶ落ち着いたから、これからは(外来へくるのは)月に一回くらいのペースにして様子を見ましょう。年末くらいまで。」
とのお許しを先生にいただいたのでした v(^-^)

退院して、一日も早く仕事に復帰したいかつこさん、会社にはすぐに治療が完了したことを報告したらしいのですが、会社もなかなか忙しいらしくて構ってもらえず(笑)。
こんな何ヶ月も仕事ができないにも関わらず解雇されないで休職扱いにしてもらった負い目もあるので、自分からはなかなか催促もしづらくて、ヤキモキしていたようです。

まあ会社にしてみれば、かつこさんの代わりにパートで雇ってくれた人の都合もあるだろうし、14日にやっと21日からの復帰が決まりました。

退院当初かつこさんは、8月16日から仕事復帰する!と息巻いていて、頼むからせめて1ヶ月は大人しく療養してちょうだい、と頼んでも全く聞く耳もたず、カンベンしてくれと思っていたので、結局この時期になって私としてはほっとしています。

それにしても、疲れました...。
家族が大病するってこんなに大変なことだったんだ。
はじめての経験でした。
ほんと、勉強になったワ。

2004年07月24日

抗がん剤5クール目 退院

5クール目、最後の抗がん剤治療を昨日終えて、かつこさんは今日めでたく退院しました! v^○^v

ふぅ~。
やっと終わったよー。

今後の予定は、とりあえず26日に外来。
その先は、まだ聞いてないみたい。
26日に外来へ行った時に聞いてみる、と言っていました。

今回の治療では、気持ち悪くなって投与1日目の夜に嘔吐があったそうです。
今までは嘔吐はもちろん、気持ち悪くなったりすることも一度もありませんでした。
回を重ねて、やっぱり体への負担が大きくなっていたのでしょうか。

でももう終わったもんね~。
よかったよかった。
そんな手放しで喜べる訳ではないけど、とりあえず、よかった。
かつこさんには、長生きしてもらわないとね (^-^)

2004年07月21日

抗がん剤5クール目

かつこさんは抗がん剤治療のため、昨日入院、今日から投与が始まりました。
昨日は血液検査もしなかったそうです。
大丈夫なのか?
白血球は?

白血球が2,000以下だと治療ができない、って今まで何度も血液検査してきたのに。
先週の木曜日に検査した時は1,900だったのに、注射をしたからOKってゆーなら、今まで何度も何度も何度も、しつこいくらいやってきた血液検査はいったい何だったんだろ。
むぅ。(←納得いかないらしい)

いつものとおり金曜日まで3日間投与、問題なければ翌日の土曜日には退院です。

今回で最後だ。
やっとだよお~ (^-^)

2004年07月15日

抗がん剤 そろそろ5クール目

かつこさんは今日、7月3日の4クール目の退院後、3回目の外来へ行きました。

1回目は退院5日後の8日で、血液検査の結果、白血球の数値は3,000。
まあそこそこ、ということで注射はしませんでした。

2回目は退院9日後の12日、白血球は2,600だったので、念のため白血球を上げる注射をしました。

そして3回目、退院12日後の今日、注射の甲斐もなく白血球はさらに下がって1,900。
次回5クール目の入院を20日に控えてることもあって、また注射をしました。

今までは入院予定日の前日に外来へ行って、血液検査をして白血球の数値を確認、OKなら「じゃあ明日入院しましょう」という流れでした。
(以前にも書いたけど、最低でも白血球が2,000以上はないと抗がん剤治療ができないそうです。)
入院してから白血球が低くて治療ができない、となると注射をして白血球が上がるまでの2日くらい、無駄に入院しなくてはならなくなるからです。

でも今回は、入院予定の20日の前日が海の日で外来がお休みなので、今日注射をしたしまあ大丈夫でしょう、と20日の入院がもう決まったそうです。
そんなら入院を21日にして、20日に外来へ行ってからにしてよ、と思ったのは私だけ?

20日は火曜日で、その日に入院すれば水曜日から金曜まで3日間治療をして、問題なければ土曜日に退院できるのです。
以前かつこさんから聞いた話によると、週末は医師、看護士など病院のスタッフが手薄になってしまうので、できるだけ退院させてしまうのだそうです。
だから21日に入院だと、退院が早くても日曜日になってしまう。
病院側の意図を感じるワ。

まあ、病院はどこも人手不足だって聞くし、働いているスタッフの身になってみれば、しょうがないことなのでしょ。

...なのか?
か?

2004年07月07日

七夕かぁ

かつこさんの子宮癌の術後の順調と、抗がん剤治療が無事に終わりますよーに。

ちなみに、今日はおじいちゃんの命日でもあるのだ。
仏壇とかないし、お墓参りも年に一度、お父さんの命日前後に行くくらいだから、おじいちゃんとお父さんの命日には、いつもベランダの植木鉢にお線香立てて(をい)、一緒にお酒を飲んだりとか (^-^)
でも今日はお酒買ってくるの忘れちゃったから、お線香だけ~ (^-^;
ごめん、おじいちゃん。

2004年07月02日

抗がん剤4クール目 退院

今日は投与の3日目、最終日で、病院へ行ったら、4クール目も何事もなく順調に終わって、明日退院できるそうです。 (^-^)
昨日の血液検査では、白血球も問題なし。
具体的な数値は聞くの忘れちゃいました。

ふぅ。
やっとここまできた。
あと1クールだ (^○^)

2004年06月29日

抗がん剤4クール目 入院

かつこさんは昨日外来へ行って、血液検査をしたら、白血球が3,000にあがっていました。
2,000以上あれば抗がん剤治療ができるので、危ぶまれていた4クール目の治療も予定通りにできることになりました \^▽^/

というワケで、今日入院しました。
治療は明日から3日間。
金曜日に終わって、問題なければ土曜日に退院の予定~。

昨日外来へ行った時に、勤め先が病院のすぐ近くのお友達、Y崎さんに、診察が終わってから病院の食堂で冷やし中華をおごってもらった、と喜んでました。

...ん?
つーコトは!
診察行くのに、病院で待ち合わせとかしてたのか??
Y崎さんの昼休みとかに合わせたりして?
もしかして、今までもフツーにそんなコトしてたのか??

やるなー、かつこさん Λ(゚○゚)
なんか楽しそうだな、おい。
なんとなく、病院は1人で行くもの、ってイメージあったから、ちょと意表を付かれちゃいました (^-^;

それなりに治療ライフを楽しんでるのかしら。
やや安心。

2004年06月25日

白血球最低値に

まいったまいった。いやはや。

かつこさんは昨日外来へ行く日で、いつものように血液検査をしたんだけど、白血球なんと1,500だって。
あららのら。
はじめてだよー、こんなに下がったの。

まあ、別に下がったからって本人具合悪かったりするワケでもないんだけど、低いと抗がん剤治療ができないからね。
治療が遅くなると、その分仕事復帰も遅くなるから、そっちの心配。

いくら治療したって、働けなかったら収入がない。
収入がないと生活できない。
もーほんと、かつこさんはそればっか気にしてるんだもん。
気持ちは分かるけどね。

持ち家があるワケでもないし、旦那さんがいるワケでもないし。
でも私がいるぞコラ。
まあ、それはいいとして (^-^;
治療費を私が出してるから、たぶんそれもすごい気にしてるんだと思う。

そんなのね、いくら気にしたって、焦ったって、どっちにしろ治療が終わらなかったら働けないんだから、もう開き直ってテキトーに、お気楽にやってよ。
て言ってるんだけど、
「そんな事言ったってお金がなかったら云々。」
と聞く耳持つ気配なし。
さすがかつこさん。
無駄に気が強いのは健在でございマス。

しょーがないなーそれがかつこさんだからなー。
まったくも~ (^-^;

29日に入院で4クール目の予定だったけど、雲行きが怪しくなってきました。
とりあえず、前日の28日に外来へ行って、その結果次第だって。

2004年06月17日

白血球低め

かつこさんは今日外来へ行きました。

白血球はお約束どおりまた下がっていて2,800で、いつもの、上げるための注射をされたそうです。
前回の検査は3クール目の退院前日で、標準値でした。
具体的な数値は聞かなかったみたいだけど、多分5,000とか6,000くらいはあったんだと思います。

次回は一週間後の24日に外来へ行く予定。
入院、治療はまだ未定です。

2004年06月11日

抗がん剤3クール目 無事終了

予定通りに8日(火)に入院して、9日(水)~今日11日(金)の3日間投与でした。
今日の血液検査の結果も特に異常なし、というコトで、夜、主治医の先生から明日退院の許可が下りたそうです。

今回は早かったなー、5日の入院で済んだよ。
まあ、入院する前が長かったからね。
外来で白血球の様子を伺いつつ、ムダに入院しなくて済むように、入院したらすぐに治療ができる状態まで待っての入院だったから。

かつこさんによると、入院前日の7日(月)の検査では、白血球は4,800だったんだって。
その4日前の検査では2,200しかなくて、しかも注射もしなかったのに、ほったらかしで自然に2,600も上がったコトになる。
なんだかなー (^-^;

ほったらかしと言っても、処方されていた漢方薬は飲んでたよ。
でも漢方って、長い日数をかけて体質自体を改善する薬だもんねぇ。
即効性はないから、結局なんで上がったのか分かんない。
しかも処方された『十全大補湯』は、白血球を上げるための薬というワケではなくて、アバウトだけど、体中のいろんなところが調子よくなるヨって薬だし。(アバウトすぎ!)

白血球が下がったり上がったりした理由を、お医者さんに聞いても「こればっかりはね~ (^-^;」
って言うばかりなんだって。

ホントに白血球ってやつぁ~。
ワケ分かんないにゃー。

2004年06月04日

白血球いまいち上がらないなあ

かつこさんは昨日(6月3日)外来へ行きました。

白血球は少なめ。
2,200だって。
でも注射はしなかったそうです。
大丈夫なのか?
2,000以上じゃないと、抗がん剤できないんじゃ?

薬を飲んでるからかもしれない、とかつこさんが言っていました。
前回、5月31日に外来へ行った時に、「日常生活で、(白血球が下がらないように)何か気をつける事はありますか?」と聞いたら、人混みなんかを避けるのはモチロンだけど、他には特にコレといったものはないみたいで、代わりに薬を処方されたそうです。

薬といっても漢方で、ツムラの48番、『十全大補湯』とかいうやつ。
一応1日3回と処方されているけど、顆粒で飲みにくいし面倒だったら1日1回でもいいと言われたそうです(笑)
まあ、要は「気が向いたら飲んでよ、テキトーに」ってコトだな。うん。(なのか?)

でもかつこさんは白血球が下がったら嫌なので、せっせと1日3回飲んでるって (^-^)

入院、投与は予定通り、8日入院、9日から投与。

2004年06月01日

3クール目、なんとかいけそう

かつこさんは昨日外来へ行って、白血球は3,300に上がりました。
先週木曜日(27日)が2,200だったから、上がったことは上がったけど、注射もしたワリには大して上がってないよなぁ。
(本人には言わなかったケド..)
こんなもんなのかなぁ。
抗がん剤治療も回を重ねると、上がりにくくなったりするのかな。
分からないけど。

でもとにかく、2,000以上あれば治療はできるし、気にしないコトにしよー。

3日(木)にも一応外来へ行くけど、今のところ来週8日(火)に入院で9日(水)から投与の予定。

2004年05月28日

またまた白血球下がっちゃいました

かつこさんは昨日外来へ行ったのですが、また白血球が下がってしまいました >_<
白血球を増やす注射もしてきたのに、先週より更に下がって2,200だって。

というワケで昨日も注射をしてきたそうです。
「また5,000円 /;_;\」と嘆いてました。

昨日下がってなかったら、来週3日くらいに入院して4日から抗がん剤3クール目をやる予定だったけど、ちょっと無理っぽいです。
来週は31日(月)と、3日(木)に外来へくるように言われたって。
それで様子を見て、大丈夫そうだったら再来週に3クール目予定。

うむむむむ。
かつこさん、ヘンに焦って余計に悪くならないといいけど。

2004年05月21日

白血球がまた下がった~

かつこさん、昨日外来へ行ったらしいです。

そしたら、白血球がまた下がってたって。
2,900だって。あらららら

この2,900ってゆーのがまたビミョーな数字らしくて、お医者さんが「うぅーーーーん....」て唸ってたと言って笑ってましたよ、かつこさん。
2,000以下だと抗がん剤治療をする事ができないので、迷わず注射(白血球を増やすための)なんだけど、2,900という中途半端な数字。

結局、このままもっと下がってしまったら、また抗がん剤治療が遅れるので、注射をする事になったそうです。
5,000円くらいかかったと、そこは嘆いておりました。
お医者さんが困ってた話の時は笑ってたクセに(笑)

それにしても私ったら、白血球白血球ってバカみたいに連呼してますが。
一口に抗がん剤治療といっても、たくさんの種類があって、副作用の症状も重さもさまざまらしいのだけど、一般的には、この白血球の減少が一番ネックになる事が多いそうです。

一週間後にまた外来へ行って様子を見て、何もなければさらにその一週間後くらいにまた入院予定。

2004年05月17日

抗がん剤2クール目 退院しました

かつこさんは抗がん剤2クール目の治療を無事に終え、今日退院しました。

14日(金)~16日(日)の3日間投与して、今日退院前に血液検査をして、特に異常もなかったようです。
白血球は投与直後にすぐに減少するということはあまりなく、下がるとしても数日経ってからだそうなので、今日の検査で異常がないのは、まあ普通といえば普通なのかもしれない。
とは言え、退院できてよかったです。

1クール目から2クール目の間は、2クール目の入院前日に外来へいっただけだったけど、また白血球が減っているといけないので、今度は1週間後に一度外来へくるように言われたようです。

昨日(投与3日目)病院へ行った時は、病院の売店で買ったらしいパズル雑誌で、パズルをやっていました。
かつこさんは普段、家では編物をしたりテレビを見たり、常に何かをやっていて、娘と違ってただぼーっとしているなんてことは殆どない人なのです。
でも病院では、いつ行ってもぼーっと座ってたり横になってたり、テレビを見るのも疲れると言って、ほとんど見てないみたいだったので、パズルなんかやっててビックリ(笑)

ふとかつこさんの足を見ると、パンパンに膨れて、とゆーか、むくんでいて、私はとても驚いたのだけど本人はそれほど辛くはないらしくて、調子よさそうでした。
むくみは、抗がん剤や生理食塩水などで、一日に合計3,500mlの水分を点滴するので、水分でむくんでしまうのだそうで。

今度は白血球も下がらないといいね。

2004年05月13日

抗がん剤2クール目 白血球あがったヨ

かつこさんの白血球、一昨日(入院当日)の1,900から、今日の血液検査で一気に9,800まであがったそうな。
まぢかよ、をい。
そんなにあがるモノなのか~。
凄まじい威力だな、『白血球をあげる注射』ってゆーのは。

健康な人で6,000~7,000くらいって聞いたんだけど(かつこさんから聞いただけだけど)、9,800て!
あがりすぎ~ (^-^;

てコトはないのかしら。
勉強不足で分かりませーん。
まあ、お医者さんが治療始めるって言ってるんだから、標準の範囲内なんでしょ、きっと。(楽観的)

これで、明日から抗がん剤治療ができることになりました。
明日から3日間、金、土、日と投与して、調子がよかったら、月曜日に退院できるって。

めでたしめでたし。

2004年05月12日

抗がん剤2クール目 入院

かつこさんが昨日からまた入院しています。
抗がん剤治療の2クール目のためです。

昨日入院して、今日から治療を始める予定だったのだけど、白血球の数値が下がってしまって、延期になりました。

抗がん剤治療をしている間は、この白血球が下がりやすいそうです。
白血球が減る=免疫力が低下する
ということで、抗がん剤そのものの副作用よりも、免疫力が低下することで、他の感染症、例えば風邪などにかかりやすくなったりするのです。
そして、健康ならすぐによくなるような病気が長引いたり、悪化したりするのです。
ちょっとした風邪が悪化して肺炎になってしまったり、というようなことです。

手術入院中に同室になってお友達になった人が、同じく抗がん剤治療をしていて、その人は白血球の数値が下がりっぱなしで退院できず、2月からずっと入院して治療をしているそうです。
幸いかつこさんは、1クール目の時はとても順調で1週間で退院することができました。

退院中も、とくに不調もなかったのですが、入院の前日に外来へ行って血液検査をしたら、健康な人だと6,000とか7,000とかある白血球の数値(ごめんなさい、単位とか詳しいことは分かりません ^-^;)が、1,700に下がっていました。
白血球が下がっても、どこか具合が悪くなったり、という自覚症状はほとどんどないんだそうです。

入院当日の検査でも1,900だったので、治療は延期になりました。
最低でも、3,500~4,000くらいはないと治療ができないそうです。

そこで昨日と今日と1回ずつ、白血球を増やすための注射をして、明日また血液検査をしてOKなら金曜日から治療をすることになりました。
この注射は、特に気持ち悪くなったり、熱がでたり、ということはないらしいです。

んが。
昨日は何ともなかったのに、今日注射をしてから、腰がとても痛いと言っていました。
お医者さんに話したら、
「白血球というのは骨髄で作られるので、腰が痛く感じるのは、きっと腰の骨が痛いんだと思います。
でもそれは白血球が作られている証拠で、いいコトなんですよ。」
と言われたそうです。

なるほど。
そーゆうモノなのか。

2004年04月26日

抗がん剤1クール目 退院

初めての抗がん剤で、心配していた気持ち悪くなる、発熱などの副作用は全くなく ^-^;
予定の最短の7日で、めでたく今日退院しました。

必ず3週間あいだをおかないと、次の投与ができないコトになっていて(一日でも足りないとコンピュータが受け付けないらしい)、今回は21日にやったから次は早くても5月12日以降です。

あんまり調子がいいものだから、かつこさんはすっかりヤル気満々で「早く終わらすんだ」と言って、すでに「次は12日きっかりにやる!」と1人で勝手に決めています(笑)
このまま順調に行けば、8月末くらいには治療が終わって、1ヶ月静養したとしても10月には働けると意気込んでます。

まぁ、元気なのはいいコトだけどね。
早く仕事復帰したいんだろうな、きっと。

がんばれよ~。

2004年04月23日

抗がん剤1クール目 投与中

かつこさん、20日(火)からまた入院しています。

19日に外来へ行き、お医者さんに「いつから入院します?」と聞かれて「いつでもいーです」と言ったら「じゃあ明日にしましょう」と言われたそうで、いくらなんでも急すぎるとプリプリ怒ってました。
「もーあの先生の考えついていけない!(`△´#」だって(笑)

どーもかつこさんは主治医の先生が気に入らないらしく、何か言われるたびに怒ってます。
まあ、私としてもお友達になりたいタイプではないけど、医師としては悪くはないと思ってるんだけどね。
「あんまり嫌だったら、主治医変わってもらうか、転院してもいいんだよ」と言っているのだけど、それも嫌だと言うので、今のところほうっておくことにしてます。

で、昨日21日(水)から1クール目の投与が始まりました。
副作用で気持ち悪くなったりするから、ご飯は食べたくなかったら食べなくていいと事前に説明を受けてたけど、ラッキーな事に気持ち悪くならなかったみたいです。
昨日は薬で殆ど寝ていたようで夕食は食べなかったけど、今日はお昼ご飯も夕食もワリと食べれたと言っていました。

何しろ初めてだから意味もなく心配だったけど、すこし安心しました (^-^)

このまま調子よければ、1週間くらいで退院できるって。

2004年03月31日

かつこさん退院しました \^○^/

かつこさん退院しました。
朝、銀行へ行ってお金をおろしてから病院へ迎えに行きました。
10:00ころになってしまったら、すっかり準備を整えて同室の人とお喋りしながら時間を潰していたようです。
診察券とかを勝子さんから受け取って、退院手続きと会計をして、結局病院をでたのは11:00ころだったかな。

病院からかつこさんの家までは歩くと20分くらいかかるので、リッチにタクシーで帰ってきました v(^-^

タクシーを降りると何やらかつこさんが騒いでいます。
「どしたの?」と聞くと...やってくれました、かつこさん。
病院に、家のカギを忘れてきたとのたまった。
まぢですか~(>_<)

とりあえず私が持っていた合鍵で家に入って、かつこさんを休ませて、部屋の換気をしたり荷物を少しかたずけ、ほっとする間もなく自転車で病院へ。
なんでやねん~

ナースステーションへカギを取りに行ったら、看護師さんビックリしてました。
「あら~?(さっき退院したのに)どーしたのぉ~??」

帰りにスーパーへ寄って食材を買い込んできて、お昼は買ってきたおにぎりですませ f(^-^;、夕食の準備をば。
その間、かつこさんは横になりながら会社やお友達に電話で退院のご報告をしていました。

2004年03月28日

健康第一

気が遠くなりそうな一週間でした。

かつこさんの心のケア、生活のケア、身の回りのケア。
お姉ちゃんの生活の心配。
周りの人々への心配り。

アタシはそんな頼りがいありそうに見えるのか?
まったく困った人たちです。

なんてな ^-^

それにしても、会社の人やお友達、かつこさんの周りにはいい人たちばかりです。
皆さんとても心配してくれて、手を差し伸べてくれます。
「これも人徳、かつこさんの今までの行いなんだよ」と言ってくれた人がいました。

情けは人のためならず。

ホントなんだなー。

人の繋がりって本当に温かいな、と痛感しました。
あと、健康第一。ね。

2004年03月21日

少しずつ、回復してます

かつこさん、手術してから9日経ちました。

娘と違い、かつこさんはなかなか人気者で、お友達がよくお見舞いにきてくれます。
病院のすぐ近くに住んでいるY崎さんというお友達が、ほとんど毎日のようにきてくれます。
とても仲のいいお友達で、手術後間もなくあまり調子もよくなくて、なかなかいい顔もできない状態でも、無理したり気を使わないですむみたい。

私は普段から愛想よくないし、あまり話もしないので、私がいても話し相手にならないのよね f(^-^;
Y崎さんが来てくれているおかげで、かつこさんもだいぶ気が紛れていると思う。
だから、本当に助かっています。

病院のベットはとても狭くて、本人以外に二人もいると満員。
仕事が終わって洗濯物を届けに行くと、デフォルトでY崎さん、その他にお姉ちゃんがいたり他のお友達がきてたりして、私はその中を「すいません、すいません」といいながら入っていき、洗濯物をしまい、その日の洗濯物を回収、かつこさんとはろくに話もできずそのまま帰宅。

と、すっかり洗濯オバサンと化していたわけですが、昨日久しぶりに話をすることができました。
すこーしずつ、よくなってきてるみたいです。

ざっと経過を。

手術後3日目(3月15日)
術後初めて、食事が出る。
重湯(固形物のないお粥。どろどろ。)と、流動食のようなおかずが出るが、食欲がなくほとんど手をつけない。
水も飲めるようになった
手術後4日目(3月16日)
ワリと気分はよさそう。
お医者さんに”歩け、飲め、食べろ”と言われているが、どれも無理。
一日に2リットルくらい水分を取るように言われ、各種飲み物を持っていくと、「なんかこうゆう甘いのが飲みたい」と言って、冗談で持っていった怪しげなホワイトチョコレートドリンクとかゆーのを飲む。まぢ?
手術後5日目(3月17日)
膀胱に入れていた管が取れ、自分でトイレに行けるようになる。
昨日まで、ベットにお医者さんがきて処置してくれていたのが、今日から自分で処置室へ行くようになる。
インターホンで処置室にくるように呼ばれ、死にそうになりながら処置室まで歩いた(らしい)。
便秘で、浣腸してもらったり、整腸剤を処方してもらったりする。
相変わらず食欲なし。
手術後6日目(3月18日)
色んなトコロに付いていた管が全部取れる。
とても調子が悪い。
下痢がひどく、お見舞いにきてくれたY崎さんと話すこともできない。
モチロン、食欲もない。
手術後7日目(3月19日)
やや下痢気味だが、昨日よりは調子がいい。
抜糸する。
傷の治りはとてもよく、処置してくれる看護婦さんがみんな「(傷口)きれいね~」と言ってくれるらしいが、本人は「傷のことなんか誉められてもねぇ。」とブツクサ言う。
妙な文句を言うんじゃアリマセン。
やっとお粥を卒業、術後初めて白米が食事に出る。
んが、相変わらず食欲はない。
手術後8日目(3月20日)
他に人がいなかったので、久しぶりに話をした。
親戚の話や、昔の話といった、どうでもいいコトを長々と話した。
引き続き下痢気味だが、だいぶ調子はよさそうだ。
食欲がないことを看護婦さんに相談すると「何か食べたいものがあったら、家族の人に持ってきてもらったりして食べていいのよ。とにかく食べないと体力がつかないから」と言われ、カレーを希望する。(どーゆう食欲なんだよ..)
「気持ちわる!食欲ない時にカレーなんて絶対食べられない。」というと、「そーかなぁ。カレーならサラサラ~っと食べれそうな気がするんだよね..」と。(分かりましたよ分かりましたよ)
手術後9日目(3月21日
下痢が治らないという話をしていたら、便秘の時に処方された整腸剤をいまだに飲んでいることが発覚。
モチロンやめさせる。
これで明日には治るかも。
カレーと麦茶を作って持っていった。
食事の時間の前に帰ってきてしまったけど、食べたのかな。
麦茶は、『一日2リットル飲め』とか言われてるのに、500のペットボトルのお茶を買うのがもったいないよねぇ、というコトになり、家で作って持っていった。

2004年03月14日

まだ歩けません

手術後2日目。
昨日は調子よくて「明日は歩けるかもしれないよ」なんて言ってたけど、ダメでした。

昨日、夜中くらいから傷が痛みだしたようで、今日は痛み止め(とゆーより、つまり麻酔なんだけど)の注射を打ってもらったって。

手術後、おならがでたら水を飲んでいいって言われてて(盲腸みたいなモノ?..ちょと違うか)、翌日くらいには飲めるでしょう、って話だったのね。
けど、まだ出ないらしくて、「水が飲みたい」とションボリしてた。

ちょうどお医者さんが診察にきて、「少しだけなら飲んでもいいですよ。でも気持ち悪くなったらすぐ止めてください」って言ってくれました。
そしたら大人しく、ホントにほんの一口、コクっと飲んで「はぁ~~ (^-^)」とか言ってるから、少々切なくなっちゃいました。

食事は3、4日後からって予定だけど、もっと遅くなっちゃうのかな。

今日から歩く練習をする予定で、私が行く前に一度起き上がって、ベットの上で座ったらしいんだけど、全然ダメだったって。
点滴の台車(?)につかまって一瞬立ち上がったら、ぐるんぐるん。

「はいー、今日はもうこの辺でやめときましょうねー」って看護婦さんに言われて、しゅーりょ~。
「冷や汗がだーって出てきちゃったわよ」と申しておりました。

まだまだ先は長そうだなー。
頑張れ。

2004年03月13日

かつこさん入院

9(火)に入院して、昨日手術をしました。
子宮体癌です。
一ヶ月くらい入院するみたいです。

若い人だと妊娠・出産の可能性を絶つのは酷なので、患部だけを摘出して周辺の組織は出来る限り残すことが多いらしいです。
でも、残しておくとまた再発・転移の可能性も高いんだって。

なのでかつこさんの場合は、今さら子供を産むような歳でもないし(^-^;)、子宮やら周辺のリンパ管やら、きれいさっぱりとっちゃいます、というお医者さんの説明でした。