メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

ココログ カテゴリ

2004年11月09日

ココログではバックナンバーの新規作成ができない

何を今さら、という方も多いかと思いますが、私は最近これを知ってガックシしてしまったもので。

ブログでよく見かけるカレンダー、あのMovable Typeのカレンダーはデフォルトだと当月しか表示できません。
過去の月も見れると便利じゃないかと思い調べてみたら、sukesamさんの月間移動可能なMovableTypeのカレンダーという、とてもいいカレンダーの作り方を見つけました。
これならカレンダーを月めくりにできます。

ココログのプランはプロですが、HTMLやCSSを好きなようにカスタマイズしたかっただけで、ブログ特有の機能やMovable Typeのことはよく分かりません。
手探り状態で、とりあえずsukesamさんの説明通りにやってみることにしました。

途中まで進むと、このカレンダーを作るためには、バックナンバー(アーカイブ)と、そのテンプレートの新規作成が必要だということが分かりました。

ココログプロの管理画面で、
ウェブログ-デザイン-上級者向けテンプレートセット
の画面を見ると、インデックステンプレートと、テンプレートモジュールには新しく作成するリンクがありますが、肝心のバックナンバーテンプレートにはありません。

どこか別のところで設定するのだろうか、と探していると、
ウェブログ-設定-バックナンバー設定
で、

ひとつのアーカイブ形式に、複数のテンプレートを指定した場合、アーカイブページの出力パスをアーカイブ形式別に変更することができます(変更設定はテンプレートの編集で行います)。もちろん、ひとつしか指定していない場合も、出力パスの指定は可能です。

という説明文を見つけました。

むむ!
匂います!!
これは何か関係ありそうな文です。

でも、この説明文、読んでも読んでも意味が分かりません。
私の解釈が合っているのかどうかが分からないのですが、この説明文だとバックナンバーと、そのテンプレートを新規作成することができるようにとれるのです。

私の勉強不足だと反省しましたが、何度読んでもやっぱり意味が分からないので、最後の手段としてniftyに問い合わせることにしました。

バックナンバーとそのテンプレートの新規作成方法と、この説明文の意味が分からないのでもっと分かりやすく説明してください、と問い合わせると、バックナンバーやバックナンバーテンプレートの新規作成はできません、との回答。

あとは、カレンダーの編集方法はご自身でお調べください、テンプレート編集の詳細についてはご案内できかねます、など的外れな回答が返ってくるばかりで、説明文についての回答がありません。

3度目の問い合わせでやっと求めていた回答をいただくことができました。

結局、この説明文はココログでは実装されていない機能についての説明文で、TypePadを日本語化する際にそのまま翻訳してしまったため、残ってしまったのだそうです。

つまり、やはりココログではバックナンバーと、バックナンバーテンプレートは新規作成できないのでした ;_;

この説明文は修正する予定だそうです。
今日の時点ではまだ残っていますが、そのうちなくなるのでしょう。

3度もめげずに問い合わせた甲斐あって、説明文のナゾは解けてスッキリですが、月めくりカレンダーを作ることはできなかったので、結局撃沈です T_T

月めくりカレンダー、他の方法を見つけたらまた挑戦したいと思います。

2004年10月19日

こうさぎの設定方法-ココログ(プロ)の場合

ココログでのこうさぎの設定方法を書いてみようと思います。

Movable Typeとか、APIとか、RSSとか、さっぱり分かっていないド素人の私が、ヤケクソで設定したら、まぐれで大成功(?)してた例です。

あくまでもばんちょうでの”例”なので、ばんちょうのURL部分 (http://3-7-5.txt-nifty.com/banchou/) などは、決して下の例をそのままコピペして設定してはイケマセン (^-^;
自分のブログに置き換えて設定してくださいお願いしマス。

さらに、あくまでもばんちょうでの”例”なので、ココログ(プロ)で、上級者テンプレートを使っていて、こうさぎをゲストアカウントのライターにした場合限定です (^-^;
他のプランやブログの場合、あまり役に立たなかったらゴメンナサイ。

こうさぎ ControlPanelの設定

こうさぎの名前
例:こぷにゃこ
好きな名前を付けます。
こうさぎの背景画像
例:http://3-7-5.txt-nifty.com/banchou/images/sougen.jpg
背景画像をどこかへアップロードして、そのURLをhttp://~から指定します。
背景画像は、jpgかFlashが対応しているようです。

上の2つは、空欄でもデフォルトが適用されるそうですが、せめて名前くらいは付けてあげたいトコロ。
次からは、アクセスログや、こうさぎが言葉を覚えたり、ブログに記事を投稿するための設定です。

BlogのURL
例:http://3-7-5.txt-nifty.com/banchou/
こうさぎを貼り付けるブログのURLをhttp://~から指定します。
BlogのRSS
例:http://3-7-5.txt-nifty.com/banchou/index.rdf
ブログのURLの後に、『index.rdf』をくっつけます。
Blogのmt-xmlrpc.cgiのURL
http://app.cocolog-nifty.com/t/api
ココログなら、プラン関係なくこれでOKだと思います。
ここはこのままコピペして使ってください。
BlogID
例:16154
トップページのソースを開いて、ワリと始めのほう(<TITLE>の何行か下くらい)で、<link rel="EditURI" type="application/rsd+xml" title="RSD" href="http://app.cocolog-nifty.com/t/rsd/数字" />『数字』の部分です。
MTのユーザーIDとパスワード
ココログで、こうさぎをライターとして登録した場合は、こうさぎのゲストアカウントのIDとパスワードです。
こうさぎをライターとして登録しない場合は、自分のココログアカウントのIDとパスワードでいいみたいです。
Blogの文字コード
例:UTF-8
ココログの文字コードです。
設定をいじっていなければ、デフォルトではUTF-8になっているハズ。

以降、こうさぎのBlogへの投稿、こうさぎのBlogへの投稿頻度、こうさぎのBlogへのコメントはお好みで設定します。

ココログの設定

まず、こうさぎをライターとして登録します
ココログへログインして、『ウェブログ-設定-ライター設定』で、こうさぎをライターとして登録します。
招待する時のこぷにゃこのメールアドレス(招待状の宛先)は、自分と同じメールアドレスでOKでしたが、招待を受けて、こぷにゃこがココログのゲストアカウントを取得する時は、別のメールアドレスにしないとダメでした。
なので、メールアドレスが2つ必要になります。
アクセス権限は、初め『ライター』にしたのですが、実際にこぷにゃこが投稿してみると、記事の本文にこぷにゃこのココログゲストアカウントのID名がまんま入っていて、パスワードじゃないし、いいと言えばいいんだけど、セキュリティ上、少し不安になったので、『準ライター』に登録し直しました。
準ライターにすると、こぷにゃこが投稿した時点では、記事は『下書き』状態なので、ばんちょうオーナーである私が手動で公開することができます。
次回以降、またID名が入っていたら、ID部分を修正してから公開しようと思います。
ちなみに、ID部分は、そっくりそのまま『こぷにゃこ』に置き換えました。
こうさぎを貼り付けるコードをコピーします
こうさぎ ControlPanelで、一番下の『コード生成』に生成されているコードを漏れなくコピーします。
コピーしたコードをココログへ貼り付けます
ココログへログインして、先ほどコピーしたコードを、こうさぎを表示したい場所に貼り付けます。
ばんちょうの場合は、テンプレートの『sidebar.inc』の下ぁ~のほうに貼り付けました。

2004年10月18日

こうさぎ、始めました

かなり前から、『こうさぎ』の存在には気付いていたのだけど、
「ブログの真髄はテキストだし!こんな余計なモノ(ごめんなさいっ)くっつけてはイケナイし!!重くなるし!!!」
と、精一杯地味な虚勢を張り、ぐっとこらえていたワケですが、所詮はうさぎ好き。
ガマンの限界もここまでだったのでした f(^-^;

というワケで、こうさぎの『こぷにゃこ』です。
と、ご紹介する前に、こぷにゃこ本人から投稿入ってしまいました (^-^;
飼い主と違ってやるコト早いです。
まだサイドバーの下ぁ~のほうでコッソリ跳ねてますが、そのうちもう少し出世させようかと思ってます。

こうさぎとは、

  • ブログのサイドバーに住むなぞのうさぎ
  • あなたのブログを毎日読み、その中から言葉を覚えて、クリックすると話をする
  • あなたのブログに関連したブログを見つけてきて、教えてくれる
  • アクセス解析もしてくれる
  • あなたのブログに記事を投稿したりする

Blog Petこうさぎ より抜粋。

そんなうさぎです。
詳しいことは、Blog Petこうさぎでどうぞ。
新規登録もここでできます。
ありがたいことに、無料です。
今はまだ、”授乳期間中(α版)”です。
かわいいです。
ステキです *^ー^*

一昨日、とりあえずひっそりと、ばんちょうに貼るだけ貼ってみました。
新規登録と、『設置設定(1)』は、問題なくクリア。

そして昨日、背景を描いてみました。

背景は、とりあえず即席でjpgをテキトーに作ってしまいました。
Flashも対応しているようなので、そのうち、時間ごとに変わるようにしてみたり、たまに隠れキャラが出てきたり、そんなのを作ろうかと思っています。
そのうち、そのうち、ね..作る...かも (^-^;

背景画像の設定も、難なくクリア。

さらに昨日、こうさぎがばんちょうに投稿するための『設置設定(2)』に挑戦してみました。
んがしかーし!
ワケがわからず、さんざん唸った結果、諦めて寝てしまいました (^-^;
なにせ、Movable Typeとかさっぱり理解してないド素人なので、『mt-xmlrpc.cgiのURL』って何ですカー @_@
という状態なのです。

明けて今日、なんと!
こぷにゃこから初投稿が! ´▽`
昨日ヤケクソでやった設定が当ってたらしいです。いえい v^-^v

すっかり こぷにゃこに先を越され、あせってばんちょうに『こうさぎ』カテゴリを設置したり、ライターの設定を変えたりしました。

昨日、こぷにゃこをばんちょうの『ライター』として設定したのですが、こぷにゃこの投稿の本文に、そのココログのライターのIDが入っていたのです。
パスワードじゃないけど、あまりセキュリティ的によろしくないかと思って、ばんちょうのオーナーである、私の許可で投稿が公開されるように、こぷにゃこを『ライター』から『準ライター』へ格下げしました。

要は、『ライター』だと、こぷにゃこが投稿した時点ですぐに公開されるけど、『準ライター』だと、こぷにゃこが投稿した時点では『下書き』状態で、私がその下書き記事を手動で公開しないと、公開されないのです。

あと、ばんちょうでは今まで、ライターは私一人だったので、各記事にライター名を表示してなかったけど、私の書いた記事と、こぷにゃこの書いた記事を分かりやすくするために、ライター名を表示するようにテンプレートを書き換えました。

明日にでも、ココログでのこうさぎ設定例を書いてみたいと思います。

2004年10月10日

バックナンバーの記事数を表示する

サイドバーや、バックナンバーのインデックスページで、それぞれのバックナンバーへのリンクの横に、カッコで括って中の記事数を表示しているのをよく見かけます。

言ってしまえば、あってもなくてもどーでもいいような機能ですが(おい)、個人的に意味もなく好きなので、付けてみました。
この方法は、テンプレートの編集が必要になるので、ココログの場合は『プロ』で、『上級者向けテンプレート』を使わないとできません。

記事数を表示させたいテンプレートファイルを開いて、表示させたい箇所に、次のコードを加えます。

<$MTArchiveCount$>

以上!!
わーいかんた~ん \^-^/

ご参考までに、以下、思いつきばんちょうのサイドバーのカテゴリ別バックナンバーの部分のコードです。
レイアウトや、サイドバーの設定とかで、前後のコードが丸きり変わってくるので、あまり参考にはならないかもしれないけど。

ココログの場合は、ログインして、『ウェブログ-デザイン』から、上級者向けテンプレートセットの編集画面を開きます。
インデックステンプレートの『sidebar.inc』を編集します。

<DIV class="sidebar">
・
・
<H2>カテゴリ別<A href="<$MTBlogRelativeURL$>archives.html">バックナンバー</A></H2>

<UL>
<MTCategories>
<MTBlogIfArchives archive_type="Category">
<LI>
<A href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><$MTCategoryLabel$></A>
 [ <$MTArchiveCount$> ]
 </LI>
<MTElse>
<LI><$MTCategoryLabel$></LI>
</MTElse>
</MTBlogIfArchives>
</MTCategories>
</UL>
・
・
</DIV>

2004年10月09日

バックナンバーを記事タイトル一覧表示にする

バックナンバー(アーカイブ)て、格納されている記事が増えるととても重くて、長くなってしまいます。
それを回避するために、ちょっとカスタマイズしてみました。
それぞれのバックナンバーには、各記事の本文は無しで、タイトルの一覧だけを表示し、そこから個別バックナンバーへ飛ばす方法です。
ちなみにこの方法は、テンプレートの編集が必要になるので、ココログの場合は『プロ』で、『上級者向けテンプレート』を使わないとできません。

思いつきばんちょうでは、カテゴリ別、月別、個別、の3種類のバックナンバーを使っています。
個別は問題ないけど、カテゴリ別や、月別は格納されている記事全文を全て1ページに表示するので、記事の数が多いとその分重くなります。
例えば、思いつきばんちょうのガーデニングバックナンバー(カテゴリ別)は、現在50件の記事があって、しかも画像がたくさん入ってるので、表示には時間がかかるし、スクロールしようとするとイライラするくらいモタついていました。

対策として、1バックナンバーにつき、1ページに表示する記事数を限定して数ページに分けることを思いつきましたが、やり方が分からなくて(汗)、この方法を試すことにしました。
記事が何百もあったりすると、この方法でも問題アリだと思うけど、とりあえず、もっと記事が増えるまでの間、その場しのぎの対策です。

以下、思いつきばんちょうでの導入例です。
これで、記事のタイトルと日付の一覧表示になります。
編集するそれぞれのテンプレートファイルは、失敗した時や、元に戻したくなった時のために、バックアップを取っておくことをオススメします。

テンプレートを次のように編集します。
ココログの場合は、ログインして、『ウェブログ-デザイン』から、上級者向けテンプレートセットの編集画面を開きます。

編集するファイルは、バックナンバーテンプレートの『Category Archives』『DateBased Archives』です。
例は『Category Archives』の例なので、『DateBased Archives』だと多少違いますが、基本は同じです。
またこの例では、ULタグを使って一覧表示にし、日付のフォーマットはyyyy/mm/ddになってます。
その辺はお好みにカスタマイズしてください。

<BODY>
・
・
<DIV id="center">
<DIV class="content">
・
・ ※1
・
</DIV>
</DIV>
・
・
</BODY>

※1の部分を次のコードに置き換えます。

<H3><$MTArchiveTitle$> バックナンバー</H3>
<UL>

<MTEntries>
<$MTEntryTrackbackData$>
<LI>
<A href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></A>
 (<$MTEntryDate format="%Y/ %m/ %d"$>)
</LI>
</MTEntries>

</UL>

2004年07月01日

トラックバックPART2 入選

手前味噌をおひとつ。

トラックバックPART2に入選しました~いえーい \^▽^/

6月25日に発表された、トラックバックPART2、『6月のプレイバック』の、『ゴールデンウィーク写真集』に、5月8日の思いつきばんちょう『自由が丘のナイススポット発見』が入選したの!

....佳作だけどな。

いえーいやったーばんざ~い!
なかなか嬉しいもんだすなぁ。

トラックバックPART2は、『トラックバック野郎』の傑作選で、1つのお題につき、最優秀作1点、優秀作3点、佳作6点が選ばれます。
最優秀作に選ばれると、トラックバックPART2のトップからリンクを張ってもらえるんだけど、優秀作、佳作は、もう1クリック潜ったトコロにやっとリンクを張ってもらえるの。
なので、ばんちょうのアクセスはちっとも上がったりしてません (^-^;
いつもどーりのアクセス数でございます。

でも、嬉しかったので、そんなコトはどーでもいーのだ (^○^)

2004年06月16日

やっぱりサクサクじゃなかった..

あれれ..
さっきはサクサクだと思ったんだけど、そうでもなかったかも >_<

『緊急』メンテナンスじゃ対応しきれないって事でしょか。

私もウェブ制作に携わるモノの端くれとしては、その場しのぎでは解決にならないと分かっていても、諸事情(笑)により、そうせざるを得ない場合が多くて、納得できないまま作業をしている、なんて日常茶飯事です。
(どんな仕事でもこんな事は多かれ少なかれあるでしょうが)

そんな時、モニターの向こうのユーザーの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
理不尽な社会や会社のしくみと、それをどうする事もできない自分にゲンナリして、モチベーションを保つことがヒジョーに厳しいです。

ココログスタッフの皆さん、道は険しいと思いますが頑張ってください。
『さらに抜本的な解決』、期待しています。

サクサクココログ

ここ数日夜間の、記事の投稿とかログイン中の作業が半端じゃなく重くて、しかもエラー連発だったけど、メンテナンスされたら、今のところサックサク \^-^/
こんなサクサク久しぶり~気持ちいい~。

ココログスタッフの皆さん、長時間のメンテナンスお疲れ様でした。

2004年03月16日

niftyから回答がきました

昨日niftyから回答がきませんて書いたばかりの今日、やっと回答がきました。
タイミングいいんだか、悪いんだか。

記事の編集が反映されない件の他に、何件か質問事項があったのだけど、その全ての項目に対して、とても親切で分かり易い回答が返ってきました。

なによりも驚いたのは、冒頭に

現在、多数のお問い合わせをいただいており、回答が遅れております。お客様に大変ご迷惑をおかけいたしておりますこと、深くお詫びいたします。

という一文があったこと。

わざわざこの一文が入ってること自体は、良心的で評価すべきだと思うけど、それはこの回答メールを読んで初めて理解できること。
『メールのお問い合わせ窓口』には、

お客様への回答までには数日お時間をいただく場合がございます。

て書いてある。

『数日』と言われてイメージするのは、私の場合3、4日です。
少なくとも、7日以上だったら『数日』というような誤解を招く書き方はしない。
10日以上ならカンペキに『数日』ではないと判断します。
おかしいかなぁ?

もっと早く(せめて2営業日以内くらい)に、この一文だけでいいから第一報がほしかった。

私自身、仕事で運営している企業サイトのメール問合せ対応をしているけど、即答ができない場合でも、必ず1営業日以内に第一報を入れます。
特にメールでの問合せは、相手が見えない故にユーザーに不安感を与えることのない対応が必要となる、と考えてます。

って、ガラにもなくマジメに書いちゃったよ *^-^*

2004年03月15日

niftyから回答がきません

6日の『記事の編集が反映されない』の件、まだniftyから回答こないんですケド。
5日にウェブの”メールのお問い合わせ窓口”から問い合わせて、回答がないので10日にもう一度問い合わせてるんだけど、何の音沙汰もなし。
最初の問合せからもう10日も経ってるし。
どうなってるんでしょか?

回答じゃないにしても、せめて『現在調査中です』とか、何かしらの第一報くらい入れるべきだよ。

それにしても、あのリンク切れ、どーしよう。

2004年03月06日

記事の編集が反映されない

タイトルまんまです。

数日前に気づいたんだけど、『せたがや梅まつり(個別ページ)』の画像が全部リンク切れ。

記事中に画像をはるのはこれが初めてだったから、自分で好きなようにフォルダ構成を作成できると思って、予定していた場所へのパスを書いて記事をアップロード。
次に3階層くらいのパスを指定して画像ファイルをアップロードしたら、強制的に1階層分しかフォルダが作成できないらしい。カンベンしてよぉ..

具体的には、
http://3-7-5.txt-nifty.com/banchou/2004/02/22/画像ファイル
に予定していたのが、作成されたのはコレ↓
http://3-7-5.txt-nifty.com/banchou/20040222/画像ファイル

『アップロード先 フォルダ名(オプション)』に、スラッシュを入れると自動的に無視されてフォルダが作成されるみたいです。
勝手にパス変えられちゃうと困るんですけど。
せめて”無効な文字が含まれています”とかエラーメッセージくらい出してくれないと、ずーーっと気づかないかもしれないじゃない。

画像をアップロードしてサイトを確認したら、悲しいコトに画像が全部リンク切れ >_<
すぐにパスを書き換えて記事をアップロードしなおして、メインページを確認。
おっけ~ (^-^;

そしてそのまま10日あまりの歳月が流れ..
なんとなく、サイドバーの『最近の記事』のリンクから個別ページを見てみたら。
アイタタタ..
パスを書き換えた記事の編集が反映されてないじゃないですか~!!

念のため、もう一度記事をアップロードしてみたけど、やっぱり反映されない。
そんなハズはないけど、一応キャッシュかもしれないと疑って(このページがキャッシュにない)他のパソコンで確認したけど、やっぱりダメ。

他の、例えばテキストの誤字・脱字とかの編集は反映されているんだけどな。

お手上げなので、現在niftyに問合わせちうです。
回答きたら対応します。ごめんなさいね。

2004年02月16日

続・CSSカスタマイズしました

やっちまいました。

昨日、記事をアップしたあとトライ&エラーでちょこちょこと設定をいじってたのね。
そんで、最後の最後に自作CSSを上書きし直すの忘れてたみたい。
あう....>_<

というワケで、さっきまでココログ提供のデフォルトCSSのままで公開されていました。
ごめんなさい。


えー突然ですが、ここでこのCSSのサポートポリシーをご説明させていただきますと。

基本的に旧世代(4.x以前)のブラウザにはCSSを適用させてません。
なので、それらのブラウザでは、テキストオンリーの、どこぞの論文か!と思わせるような表示になるハズです。

5.x以降の、そこそこマトモにCSSをサポートしているブラウザでは、できる限り私の意図通りのレイアウトで表示されるようにしています。

本当は、IE5.0は6.0世代以降と比べるとCSSのサポートが貧弱なので、はずしてしまいたかったんですが。
まだワリとシェアが高いのでサポートするコトにしました。

MacIE5は多少レイアウト崩れてるけど、テキストは読めました。
その内きちんと対応させようと思います。

次のブラウザは動作確認していないので、定かではないけど一応書いちゃいます。
Opera6以降、safariも一応サポートしてる(ハズ..)。
Amaya、Mozillaあたりも、比較的新しいのはサポートしてる(つもり)。

つまりCSSを適用させる条件は、

  • せめてCSS1をマトモにサポートしているコト。
  • CSS2もかなりサポートしていること。←アバウトすぎ

といったところでしょうか。


まだほとんど動作確認していないので何ともいい加減なんだけど、多少のコトは多めに見てケロ。
善処しますワ。

とにかく、本格的にCSSでのレイアウトは初挑戦なので、ヒジョーに楽すぃ~ \^▽^/
けど戸惑うコトも多いです。
精進せねば。

2004年02月15日

CSSカスタマイズしました

デフォルトのCSSは、自分のココログフォルダ直下にある"styles.css"だったので、カスタマイズして『管理』-『アップロード』で上書きしてみた。

早速サイトを確認。
をを~!
ちゃんと自作CSSが反映されてる!
いえーい。

んが。しかし!喜ぶには早すぎたのヨ...

『設定』をちょっと変えて『サイトに反映』したら、さっき上書きしたはずの自作CSSが、ご丁寧にデフォルトCSSに上書き返しされてます~ (+_+)
あーがっくし。
とりあえず、めげずにまた上書き返し返し(なんじゃそりゃ)をしたワケですが。

この様子だと、きっとこの記事をアップして『サイトに反映』するとまたデフォルトに戻っちゃうんだろうな。
むむむむむぅ。

でも他のココログで見た、<H2>の中に<LINK rel=~>を埋め込む方法だと、文法的に正しいHTMLじゃなくなっちゃうし。
それだけは避けたいトコロ。
せっかく”HTML=構造 CSS=レイアウト”って正しい分岐が(ほぼ)できてるんだから。

ん~、悩ましいわぁ。

しばらくはこのまま、『サイトに反映』の度に自作CSSを上書き作戦でいくつもり。
けど面倒くさくなったら、<H2>に埋め込んじゃうかもしれない。
あーでもソリはやっぱりプライドが許さないワ~でも面倒臭いのもイヤだわ~あーどうしましょ。

ま、様子見ってコトにしておきましょう。
CSSの編集はわりと要望高いみたいだから、その内ココログでも対応してくれるかもしれないし。
そうしましょうそうしましょう。

2004年02月06日

帰ってきた思いつきばんちょう

ふと気づけば最後に思いつきばんちょうを書いてから、はや2年半 (@◇@;
数少ない復活の声に、やっとばんちょうも重い腰をあげたワケですよ。
(ココログを使ってみたかっただけ、なんてコトはあるワケありません。たぶん。)

しかも『version 2.0』だよ?
つまりバージョンアップしたってコトです。
(それ以前に、version 1があったのか?!ってゆー話ですよ!)

これは、さぞかし素晴らしい日記になるに違いない!
いつか”思いつき”なんてタイトルはなくなるに違いない!

..なんて思ってる人はいないと思うので、これからも今まで通り、思いつきで書く予定。
だってほら、あんまり気張ると体に悪いじゃなぁ~い?

ココログへの移行にあたって、昔の日記は引き継ぎませんでした。
そんな大したコト書いてないし。ねぇ?


最近にわかに創作意欲が再燃してきたアタクシ。
心を入れ替えて(というワケでもないけど)、柿食のほうも何とかしようと現在デザイン考案中。
しばしお待ち~。