メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

MovableType カテゴリ

2007年11月05日

コメント投稿でエラー

この「思いつきばんちょう」のアクセス解析を見ていて、10月に入ってからコメント投稿エラーがワリと頻発していることに気付きました。

うわーん。せっかく数少ないコメントなのにー。
ごめんなさいいい。
なんでかよく分からないけど、投稿できたりできなかったりするみたいなので、これに懲りずまたコメントいただけると嬉しいです。。。

ココログからのお引越し作業は今中断しているので、8月以降は月に2~3件エントリーする程度で、MovableTypeは何もいじっていません。
もちろん設定の変更もしてないです。

むむむ。なんで?

とりあえずエラーが出る状況を再現しようと思って、自分でコメント投稿してみました。
ブラウザが関係あるかどうかわからないけど、コメントエラーが出ていたユーザーがみなさんIE6だったので、まずIE6でテスト。
その後に、私が普段使っているFirefoxでも試してみました。

1. IE6で「確認する」をスルーでいきなり投稿
1分後くらいにタイムアウト
「投稿がありました」のお知らせメールも飛ばない。
でもエントリーを確認すると、コメントは投稿されている。
2. IE6で確認画面表示後に投稿
確認画面には難なく遷移。
確認画面から投稿すると、かなり重かったけど投稿はできた。
お知らせメールも配信されている。
3. Firefoxで「確認する」をスルーでいきなり投稿
ちょっと重いかなーって気もするけど、IEの時よりは格段にサクっと投稿できた。
もちろんお知らせメールも配信されている。

で、エラーの原因分からず。がびーん。
結局テスト中、タイムアウトはあったけど「コメント投稿エラー」画面にはお目にかかれませんでした。

訳分かんないけど、原因として、次の3点を疑ってみました。

  • サーバー(ロリポップ)の問題
  • MovableTypeのプラグイン、SpamLookupの問題
  • MovableTypeのプラグイン、Captchaプラグインの問題

1. サーバー(ロリポップ)の問題

ロリポップはMT再構築でタイムアウトとかよくあるから、ちょっとくらい重くてもあんまり気にしてませんでした。
ちょっと頼りない気はしてたけど、まあ安いからしょうがないです。
ネットで探してみると、ロリポップで10月ころからコメント投稿や管理画面がやたら重い、という方を何人か見つけました。

やっぱサーバーなのかなぁと思ったら、11月1日にロリポップからインフォメーションが出てました。
何でも、「NTT DoCoMo「なりすましメール対策」でサーバーの設定を調整中」とのコト。
ロリポップってメールサーバーとウェブサーバー同じなので(確か。。)、それでウェブのほうにも影響が出ているのかな??

まさか容量オーバーってコトはないだろうと思いつつ、一応確認してみると、
WEB: 30MB
MAIL: 30MB
DB: 1MB
で、ぜんぜん余裕。
ロリポップの容量は200MBです。

2. MovableTypeのプラグイン、SpamLookupの問題

SpamLookupが参照しているブラックリストサーバーが停止していて、それが原因でコメント投稿が重くなってる、っていうのが2007年5月ころにあったので、またそっち系の問題かな、とか思ってみました。
でも、ネットで探してみましたがそんな問題が発生してるなんて情報はどこにもなし。
5月の時のは、既にその時対応済みだし。

おかしーなー。なんでだろう。
ふと、MTの管理画面で迷惑トラックバックを確認してみると、14日間で425件もきててびっくり。
前に見た時は、こんなに激しくなかった気が。。。

もしかして、これが原因?
ん~、でもなんかピンとこない。
14日で425件てことは、約24分に1件の割合だから、これくらいじゃそんなにサーバーに負荷かかってるとは思えないけどなぁ。
データベースだって容量1MBしか使ってないし。

迷惑トラックバックは14日後に自動で削除される設定にしているけれど、一応手動で全て削除しました。

3. MovableTypeのプラグイン、Captchaプラグインの問題

Captchaプラグインはとても便利で、ありがたく使わせていただいてます。
おかげさまでトラックバックと違いコメントスパムは全くありません。
ただ一つ難点を言ってしまうと、ノイズの入り方がやや激しくて、コメント投稿してくれる方から「読めない!!」とかいうご意見をいただいたりしてます。

ノイズを少なくし過ぎると、スパムポットに解析されちゃう可能性が高くなるし、その辺りを考慮しての仕様なんだと思います。
でも贅沢を言わせていただくと、ノイズの入り方を調整できたりする機能があったりすると、更にステキ *^-^*
画像を変えたりは自分でできますが、ノイズの入り方はどうやっていじればいいのか分かりません。。 (^-^;

そんなこんなで、キャプチャの入力が正しくないと「コメント投稿エラー」画面が出るので、これが原因なのかしら。
でも、9月までは問題なくコメント投稿がきていたので、やっぱり違う気もします。
なんだかなー。

で!!結局どうしたらいいか分かりません。(こら)
もうちょっと調べて出直します。。。

2007年05月28日

Captcha Plugin入れてみた

デザインに加えて、テンプレート他、システム系も変更中。
更にプラグインにまで手を出す始末。

そもそもデザインから先に手を出してしまったのが間違いなんですが、もう手をつけてしまったので、そこそこ固めてから他に移ろうとか考えてたのですが。。。
なんか取り返しのつかないことになりそうな予感 (^-^;

でもって、Captcha Pluginなのです。

今まで投稿されたコメントは、一時ペンディングで手動で公開していたんだけど、企業や有名人サイトじゃあるまいし、それってなんかカンジわるー、と思われ。

TypeKey認証も一応試してみたけど、こんな辺境の地へコメントするのにわざわざ外部に登録しなきゃならないなんて、ちょっとハードル高すぎかと思われ。

そこで、
TypeKey認証→ブログ管理者がコメント投稿者として登録→次回からは即公開
のアレンジバージョン(?)で、
TypeKey認証の代わりに名前とメールアドレスかなんかを入力してもらう、って感じのプラグインがないかと探してみました。

んが、検索下手の私には見つけられるワケもなく。。。

そんな時に出会ったのが、Captcha Plugin。
画像に表示された文字を入力してもらう、人間には比較的簡単でスパムボットは撃退できる、というアンチスパムの優れもの。

最近はGoogleとか色んなところでよく目にする認証機能で、これをお手軽に導入できちゃうなんて、ちょっと得した気分です。
Captcha Pluginの他にも似た感じのがいくつかありましたが、日本語だというのと、セッション毎に画像が変わるってところがブラボーなので、こちらにお世話になることにしました。

インストール&設定は、決してスムーズにいったワケではないけれど、手当たり次第にゴリゴリやってたら、なぜか上手くいってしまいました (^-^;

まずはPearlモジュールのAuthen::CaptchaとGDがサーバーに入っているのか、それはどうやって確認するのか、でつまづくこと数時間。
結局AppsPageさんのモジュール検査CGIをインストールして、モジュールが入っていることを確認。

ちなみにサーバーはロリポップで、問い合わせればよかったんだけど、夜中だったので頑張って自力解決を試みました。
ロリポップはつい最近までAuthen::Captchaが入ってなくて、先週くらいのメンテナンスで入ったばかりみたいです。らっきー v(^-^)v

モジュールは入ってるんだから動くはずなのに、何度リロードしても表示されない。
どうやらTypeKeyを設定してるとそっちが優先で、Captcha Pluginはスルーしてしまうっぽいです(たぶん)。

TypeKeyトークンを外して再チャレンジ、やっぱダメ。

もうそこからはヤケクソで、何か分からんが何かのキャッシュかもとか思って、TypeKeyにログインしたりログアウトしたり、MovableTypeに出たり入ったり、IEもFirefoxも一度全部落として立ち上げて、パソコンも再起動などなどを繰り返し、最終的にはお風呂に入ったりとかしている内に、いつの間にか表示されるようになってました。

ああ、結局なんでダメだったのか、なんで上手くいったのか分からないまま...T_T

一度も手動フィルターなしで、全て即公開っていうのはやや不安が残るけど、Captcha Pluginは結構頼りになりそうなので、しばらくこれで様子をみます。
なんかもーやっぱアレ、ってなってきたらTypeKeyを考え直すか、他の手を探そうかな。

とりあえずは、スパマー達がCaptcha Pluginを突破してこないよう祈るコトにします。。。

2004年10月10日

バックナンバーの記事数を表示する

サイドバーや、バックナンバーのインデックスページで、それぞれのバックナンバーへのリンクの横に、カッコで括って中の記事数を表示しているのをよく見かけます。

言ってしまえば、あってもなくてもどーでもいいような機能ですが(おい)、個人的に意味もなく好きなので、付けてみました。
この方法は、テンプレートの編集が必要になるので、ココログの場合は『プロ』で、『上級者向けテンプレート』を使わないとできません。

記事数を表示させたいテンプレートファイルを開いて、表示させたい箇所に、次のコードを加えます。

<$MTArchiveCount$>

以上!!
わーいかんた~ん \^-^/

ご参考までに、以下、思いつきばんちょうのサイドバーのカテゴリ別バックナンバーの部分のコードです。
レイアウトや、サイドバーの設定とかで、前後のコードが丸きり変わってくるので、あまり参考にはならないかもしれないけど。

ココログの場合は、ログインして、『ウェブログ-デザイン』から、上級者向けテンプレートセットの編集画面を開きます。
インデックステンプレートの『sidebar.inc』を編集します。

<DIV class="sidebar">
・
・
<H2>カテゴリ別<A href="<$MTBlogRelativeURL$>archives.html">バックナンバー</A></H2>

<UL>
<MTCategories>
<MTBlogIfArchives archive_type="Category">
<LI>
<A href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><$MTCategoryLabel$></A>
 [ <$MTArchiveCount$> ]
 </LI>
<MTElse>
<LI><$MTCategoryLabel$></LI>
</MTElse>
</MTBlogIfArchives>
</MTCategories>
</UL>
・
・
</DIV>

2004年10月09日

バックナンバーを記事タイトル一覧表示にする

バックナンバー(アーカイブ)て、格納されている記事が増えるととても重くて、長くなってしまいます。
それを回避するために、ちょっとカスタマイズしてみました。
それぞれのバックナンバーには、各記事の本文は無しで、タイトルの一覧だけを表示し、そこから個別バックナンバーへ飛ばす方法です。
ちなみにこの方法は、テンプレートの編集が必要になるので、ココログの場合は『プロ』で、『上級者向けテンプレート』を使わないとできません。

思いつきばんちょうでは、カテゴリ別、月別、個別、の3種類のバックナンバーを使っています。
個別は問題ないけど、カテゴリ別や、月別は格納されている記事全文を全て1ページに表示するので、記事の数が多いとその分重くなります。
例えば、思いつきばんちょうのガーデニングバックナンバー(カテゴリ別)は、現在50件の記事があって、しかも画像がたくさん入ってるので、表示には時間がかかるし、スクロールしようとするとイライラするくらいモタついていました。

対策として、1バックナンバーにつき、1ページに表示する記事数を限定して数ページに分けることを思いつきましたが、やり方が分からなくて(汗)、この方法を試すことにしました。
記事が何百もあったりすると、この方法でも問題アリだと思うけど、とりあえず、もっと記事が増えるまでの間、その場しのぎの対策です。

以下、思いつきばんちょうでの導入例です。
これで、記事のタイトルと日付の一覧表示になります。
編集するそれぞれのテンプレートファイルは、失敗した時や、元に戻したくなった時のために、バックアップを取っておくことをオススメします。

テンプレートを次のように編集します。
ココログの場合は、ログインして、『ウェブログ-デザイン』から、上級者向けテンプレートセットの編集画面を開きます。

編集するファイルは、バックナンバーテンプレートの『Category Archives』『DateBased Archives』です。
例は『Category Archives』の例なので、『DateBased Archives』だと多少違いますが、基本は同じです。
またこの例では、ULタグを使って一覧表示にし、日付のフォーマットはyyyy/mm/ddになってます。
その辺はお好みにカスタマイズしてください。

<BODY>
・
・
<DIV id="center">
<DIV class="content">
・
・ ※1
・
</DIV>
</DIV>
・
・
</BODY>

※1の部分を次のコードに置き換えます。

<H3><$MTArchiveTitle$> バックナンバー</H3>
<UL>

<MTEntries>
<$MTEntryTrackbackData$>
<LI>
<A href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></A>
 (<$MTEntryDate format="%Y/ %m/ %d"$>)
</LI>
</MTEntries>

</UL>