メインコンテンツ | メニュー

メインコンテンツ

仕事 カテゴリ

2007年11月14日

ひばりリトミック教室 [02]

ひばりリトミック教室のサイトが、数日前に見てみたらYahooにもインデックスされてたみたいなので、順位調査してみました。

なかなかいい感じ。
「リトミック」で100位圏外だったのは悲しい出来事ですが T_T

検索順位(2007/11/14)
キーワード Google Yahoo!
久が原 リトミック 1位 (0) 1位
久が原 リトミック教室 1位 (0) 1位
大田区 リトミック 7位 (-1) 2位
大田区 リトミック教室 2位 (0) 1位
東京都 リトミック 11位 6位
東京都 リトミック教室 6位 3位
リトミック教室 20位 (+7) 53位
リトミック 74位 (+33) 100位圏外

※カッコ内は前回 (2007/10/25) との差

そもそも被リンク数が圧倒的に少ないので、「リトミック」や「リトミック教室」で上位表示を狙うのはかなり厳しいのですが、ちょっとSEO対策加えてみました。
せめてもの悪あがき、ということで。
12日に更新したので、その内インデックスされるでしょう。

今回加えた対策は以下の通り。

  • フッターにテキストナビゲーションを追加
  • metaタグのkeywordを設定していなかったので設定。(descriptionは既に設定済み)

たいしたことやってないですとも、ええ。
基本中の基本のみです (^-^;

過度にSEO対策するつもりはないので、「大田区 リトミック」で上位表示されれば充分よ!とかって自分を慰めてみる。

2007年10月25日

ひばりリトミック教室

データ

ひばりリトミック教室

ひばりリトミック教室

http://www4.point.ne.jp/hibari/

制作カテゴリ
新規オープン
サイト概要
規模:8ページ
DOCTYPE:XHTML 1.0 Strict (Vaild)
レイアウト:フルCSS
その他:Google Maps API
担当分野
制作(HTML, CSS, JavaScript, Google Maps APIコーディング、CGI設定)
ディレクション(ユーザビリティ、SEO対策、サイト構成、原稿編集)
更新作業

最近、友人のリトミック教室のサイトを制作しました。

可愛らしいサイトに仕上がって、とても気に入っています。
一番のお気に入りポイントは、メニューボタンのところにいるひばりさんがマウスオーバーでパタパタするトコロ v(^-^)v

今まで手掛けてきたサイトは、お堅い感じだったり、カッコイイ系だったりが多くて、ひばりがパタパタするなんて、遊びゴコロ的なものを入れられる雰囲気ではなかったので、こういう可愛いサイトは作っていて楽しかったワ~。

もちろんXHTML1.0 Strict + CSS。
XHTMLはValid、CSSは残念ながらValidではないけど、IE対策で保険的に入れてるword-breakとword-wrapが引っかかってるだけなので気にしちゃダメ (^-^;

SEOは特に意識した訳ではないけど、検索エンジンにではなくに分かりやすいよう、サイト構成やマークアップ、文言に気を使って、標準準拠のコーディングを施したので、検索順位もバッチシ v(^-^)

検索順位(2007/10/25)
キーワード Google
久が原 リトミック 1位
久が原 リトミック教室 1位
大田区 リトミック 6位
大田区 リトミック教室 2位
リトミック教室 27位
リトミック 107位

「リトミック教室」27位、こんなビックキーワードでも、そこそこの順位に食い込んでます!いえい
・・・もう一踏ん張り、かしら?

Yahooのクローラーはまだ来てないみたいで、インデックスされてません。

だいたい下請けや孫請けで仕事をいただいてることが多いので、なかなかこうして公言できる仕事が少ないワケでして、貴重な実績となりました。
めでたし、めでたし\^○^/

2007年06月29日

忙しいのはいいコトです

しばらく忙しくしてました。

徹夜続きで、すっかり体内時計がおかしなコトになっております。
ちょっと頑張って老体にムチ打ってみましたが、お肌に大変よろしくないです。

企業のウェブ担当だった頃は1つのサイトをずーーーっとやってたワケですが、フリーになって色んなサイトに携われるとゆーのは楽すぃコトこの上ないですわ。

それに、ちょっとしたことを他の人に相談したり、アドバイスもらいながらできるのもヒジョーに嬉しい。
企業にいた頃は、ウェブ担当が1人しかいなかったので、相談する人もなくずっと独りぼっちでやってたからね。
デザイナーさんの意見を聞いたりするのは、とても参考になります。

もっと色んなサイトやりたいなー。

  • みなこ 
  • 2007年06月29日 13:13 
  • [ 仕事 ]

2004年12月12日

企業サイトの運営の難しさ

とても疲れています。
仕事がうまくいってないのがその理由。

ここ数週間残業続きで、体力的にもかなり辛いけど、それよりも精神的なほうがこたえるわ~。
制作作業で難題とか珍問奇問にぶつかっても、それを乗り越えるのはある意味楽しくもあったり、やり甲斐があったりするけど、そうじゃないのが辛い T_T

人事的な問題だったり、社内のウェブサイトに関する理解のなさ、そんなものに振り回されっぱなしで、全然制作作業に入れない。

サイトのリニューアルが遅れに遅れて、11月25日予定だったのが来年2月1日公開予定に。
その2月1日でさえ、現状でははっきりいって無理。

なぜ無理なのか、そもそもなぜここまで遅れているのか、問題は何なのか、いくら訴えても、社内の人(主に上層部)はそれをきっちり理解して解決しなくては、という認識が全くありません。
のワリには2月1日には必ず公開しろ、と言うし。

まったく、制作が1人いればウェブサイトを公開できると思ったら大間違いです。
個人サイトじゃあるまいし。

問題が技術的なものならいくらでも頑張るし、それをやり遂げるのがプロとして派遣されている私の責任だけど、そうじゃないんだもの。
何の権限もない派遣の私の立場じゃ、どうにもできないことが大きな障害になってる。

この会社に派遣されて4年以上ずっと訴え続けてきたけど、未だに何も改善されないってことは、この先もきっと改善されないのでしょう。
所詮ウェブサイトについてその程度の認識しかないんだよね。

早く見限らないと、ここにいても何のキャリアにもならないわ。
でも派遣なのに、4年も無駄にしたなんて致命的かも >_<

あーあ。

2004年12月02日

新人はドイツ人

昨日、職場に新しい人が入りました。
名前はRバート、外人さんです。

新人といっても年齢は40代後半で、キャリア、スキル、共にかなりのものです。

技術的なスキルは、HTMLをはじめとするクライアント側の言語はもちろん、Pealもいけて、果てはVisualBasicまで、それらを自作のテキストエディタでコーディング。

コミュニケーションスキルとしても、展示会やカタログのコーディネイトなんかも経験ありで外注管理も任せられる、おまけに英語、ドイツ語、日本語の3ヶ国語バッチリ、というハイパードイツ人です。

今まで、ウェブ制作ができるのは私一人だったし、技術的な話が通じる人間が社内にいなくて、悩んだり、困ったりしても相談できる人もいなかったので、メチャクチャ嬉しいです。
ばんざ~い \^○^/

社内では本当に孤独で、誰にも頼ることができなかったけど、こんなに頼れる人にきてもらえるなんて!
アタクシ、嬉しくて嬉しくて ;_;

ウェブに関するスキルがどれくらいあるのかヒアリングをしてくれ、と上司に頼まれて、雑談まじり2時間くらいお話をしました。
外国人の友達や知り合いは今までいなかったので、外国の人とこんなに近くで長い時間話すのは初めてで、意味もなくドキドキしちゃいました (^-^;

日本にきて8年で日本語ベラベラ、外国人特有のアクセントはあるものの会話には全く支障なし。
気さくで話の分かる人です。
お堅い日本企業の社内で、モシャモシャとヒゲを生やしているのに全然違和感ありません。
なんでだろ?
黒くないからかな。
日本人が真っ黒いヒゲをはやしてたら、きっと浮きまくりだもん。
外国人というだけで充分目立つので、ヒゲごときはもう目にもとまらないのかもしれない ^-^

せっかくこんなすごい人と一緒に仕事できるんだから、いろいろ教えてもえたらラッキーだな~。
でもウカウカしてたら、私なんてクビになっちゃうかも。
ま、それならそれでラッキーかな。(をい)
以前辞めるって言った時は、辞めさせてもらえなかったからね。

2004年11月26日

単発のウェブ制作を受注

ふぅ。
なんか今週はものすごく疲れました..

友人のデジタルコンテンツ制作会社からウェブ制作の依頼がきて、受けたのです。
制作と言っても、ベースはほとんどでき上がっていて、細かいところの仕上げをお手伝いした程度。
そのベースの制作をしなきゃいけない日が、派遣の仕事のほうでもサイトの更新作業があって、どうしても休めなかったので、参加できなかったのでした。
ぜひとも最初から参加したかったのにな。
残念。

でもって、月曜日に派遣のほうを休んで、仕上げ作業をしました。
サイトは、エンターテイメント系のサイトです。
Macユーザーなんていません、ネスケもいません、JavaScriptもみんな有効にしています、Windows IE5以上の人しかこのサイトにはきません。
というターゲット設定の、なんとも潔いサイトです (^-^;

まあ、個人的に賛同はできないけど、制作する立場としては、これほど楽な制作はありません。
ふ~ん、そんなんでいいんだぁ。
とタカをくくってみました。
しかも、ディレクター兼デザイナーの友人の指示で、制作だけをしてればいいんだし。
しかーし。
世の中そんな甘い話がある訳なかったのですよ...。

とりあえず、そこそこ形はでき上がっているのです。
その最初の枠組みとゆーか、ベースとなるHTMLとゆーのが、Dreamweaverのデザインビューでデザイナーさんが制作したものなので、不思議なタグがてんこ盛り。
さらに1ピクセル単位でガッチガチに組んだテーブルレイアウト。
spacer.gif大活躍!!!
しかもかなり複雑。
フォントサイズはもちろんピクセルの絶対値指定。

この複雑なテーブルレイアウトと、フォントの絶対値指定は、デザイナーさんも本意ではなかったのですが、クライアントの指示なのでしょうがありません。
ココにはxx文字、ココにはxx文字必ず1行で(改行無しで)入るように作ってください。
という依頼なのです。

フォントサイズをピクセルで指定してもユーザー環境によって違いがあって、それでなくてもギリギリのテーブルレイアウトなんだから、必ず1行で、なんて不可能です。
でもそんなことを理解してくれるクライアントではないようです。
なのでWin IE5以上限定、なんてことも平気で言えちゃうんだなー。
ある意味スゴイ。

コードビューで作業をする私にとっては、ヒジョーにキビすぃお仕事だったのでした。

そんなこんなで、まずはテーブル構造を理解するまでに予想外の時間を要し、結局その日終わったのが7:00am。
その日とゆーか、翌日ですゎ。
まあ、翌日は祭日で派遣のほうも休みだったのでよかったんだけどね。
おかげで23日は起きたら夕方でした (^-^;
その次の日はまた朝6:30起きだというのに、きっつぅ~ @_@

そして水曜日、派遣先に普通に出社して、一度帰宅はしたけれど、派遣先サイトのリニューアルのデザインを発注している業者の時間の都合で、1:00amころから打合わせだし。
終わったの2:00amだし。
6:30amには起きなきゃいけないし。

瀕死状態で出社、今日はニコニコ定時退社でとっとと帰ってたくさん寝てやる~、とそれだけを支えになんとか業務を進めていると、携帯に例のサイトの修正がたくさん入ったとの連絡が。
あ”あ”あ”。

定時は定時でも、そのまま修正作業へ直行。
ふぃ~。

結局24:00まで作業をして、まだ残っていたけど、ゴメンナサイこの辺で勘弁してください~、とウソ泣きで(をい)、恨めしそうな友人に後を託して帰ってきたのでした。
てゆーか、逃げてきた?(イヒ)

そして今日もまた6:30起床で派遣先に出社。

ちょっと老体にムチ打ってみました v^-^

厳しかったけど、またやりたいな。
うん。
もっともっとやりたい。

友人の会社は、派遣先とは比べものにならない程、環境がいいんだもの。
制作の人間にとっては、自由度も高いし天国のような環境で、とてもやりやすかったです。
やっぱり一般企業で制作はツライ T_T

とゆーワケでTND、この度は誠にさんきう。
また仕事あったらよろしくねぇ~ *^-^*

2004年10月24日

波乱のお昼当番 [4]

火曜日の注文忘れ以降は何事もなく平和に過ぎ、迎えた最終日、金曜日。

この日は、宅配弁当専門の『玉子屋』への注文がありました。
6食頼んで、その内1食は『ご飯大盛り』でした。

お昼休みになりご飯を食べていると、例の、ご飯大盛りを頼んだC君が、
「あのぅー、大盛りがないんですけど...」
と言いにきました。

もー、そんなの知らないよ~。
アタシは確かに頼んだし、早く取りにいかないから、誰かが間違えて持って行っちゃったに決まってるでしょ、自分で探してよ~。
ただでさえ休み時間短いんだから、ご飯くらいゆっくり食べさせろ!!

とゆーのは口には出さず(小心者)、しょうがないので、部署内を見てまわることに。
案の定、他の人が間違えて、既に食べてしまっていました。

確かに、この玉子屋の大盛りは、普通盛りと区別がつきにくいのです。
一応、容器の色が違うのですが、大きさも形も全く同じ、『大盛り』と書いてある訳でもないし、知らない人は別段疑問にも思わず、間違えてしまう事がたまにあります。

だから、よく大盛りを頼む人は、他の人に持っていかれないように、休み時間になるとダッシュで確保しに行くのが、暗黙の了解でした。
でもこの日頼んだC君は、普段は普通盛りをよく食べていて、言ってみれば『大盛り慣れ』していなかったのでした。
更に、大盛りを食べてしまったDさんは、最近きたばかりの派遣さん。
まだ勝手がよく分かっていません。

C君も、やっと諦めた様子で、普通盛りを食べはじめました。
実はまだ問題が残っていたのですが、とりあえず休み時間がもったいないので、その時は私も食事に戻りました。

問題というのは、ご飯大盛りは、普通盛りより50円高いのです。
その50円を一体誰が払うのか。
間違えて食べてしまったDさんか、食べられなかったC君か。
たった50円だけど、ビミョーな問題です。
Dさんが自発的に払ってくれることを密かに祈っていました。

お昼休みが終わって、支払いの準備のために、集まったお金を計算しました。
出前を頼んだ人たちがお金を入れる缶があって、お金を入れた人は、ノートに『済』と書きます。
それをチェックしながら、まだ払っていない人には、集金に行ったり、お釣りがある人には、お釣りを返しに行ったりします。
一通り作業を終えると、金額はピッタリでした。
C君に聞くと、普通盛りの分しか払っていないというので、どうやらDさんが50円を払ってくれたようです。

間違えたとは言え、食べてしまったのだから、Dさんが払うのが多分『筋』です。
でも、頼んでいないことも確かなので、まだ新人さんで慣れていないDさんにそれを払えと言うのは、気が引けるなー、と思っていたのです。
たった50円、のハナシなんだけど。

ほっと胸を撫で下ろし、仕事をしていた数時間後、ワリとお友達のタケチャンマンが言いました。
「あれ?そー言えば俺、お釣りなかったっけ?」

!!!!!

もう撃沈です。
そーです、タケチャンマンは確かに950円の出前をとって、1000円を缶の中に入れていました。
お釣り50円です。

そしてそのお釣りは...まだ返していませんでした (;_;)

あ”あ”あ”あ”~
ピッタリだと思ったのは、夢でした。
Dさんは、普通盛りの分しか払っていなかったのでした。
タケチャンマンにお釣りを返していなかったので、ピッタリだっただけです。

もともと気が引けていたものを、今更Dさんに50円払えなどと、小心者の私にはとても言えたものじゃありません。
てゆーか、そういうやり取り自体が煩わしいのです。

「あ~ごめんごめんー」
と言いながら自分の財布を取り出し、50円をタケチャンマンに返しました。

タケチャンマンが不振そうな顔をしているので、事情を説明すると
「なんでぇ、自腹かよ?それもオカシイじゃん」
と言って、50円を返してきました。
「だったらいらないよ。」
と。

をを~リッチぃ~さすが主任~カッコいい~!
てか、なんで全然関係ないタケチャンマンが被らなきゃいけないんだ?
それもオカシイじゃん。

やっぱ月曜日返そうかな。
返したほうがいいよねぇ。
返そうっと。

と、こうして波乱のお昼当番がやっと幕を閉じたのでした。

もーイヤ。

  • みなこ 
  • 2004年10月24日 23:59 
  • [ 仕事 ]

2004年10月23日

波乱のお昼当番 [3]

そして翌日、火曜日。

その日は、某ファミレスの宅配サービスと、ラーメン屋さんへの注文がありました。
この日は、私もファミレスのお弁当をとりました。

お昼休みになって、自分の頼んだお弁当を手に、席へ戻って食べようとした時、ふと手が止まりました。
あれ?そー言えば、ラーメン屋さんのほう、まだ来てなかったな..
一瞬の後、やっと事の重大さに気づきました。

頼んでないじゃん!!

ラーメン屋さんへ注文するのを忘れてしまいました~ >_<
血の気が引きました。
頼んでないもの、くる訳ありません。

しかも、ラーメン屋さんへの注文を頼んでいた3人のうち1人は、役員です。
つまり、とってもエラいヒトです。
あとの2人は、昨日の『とろろそば事件』で、よくしていただいた重鎮の女性の方々です。

あいたたた..

私ってば何て恩知らずなの~ (;_;)
自分の食べる分は、ちゃっかり頼んでるクセに。

もー、後はひたすら謝りました。
幸い、3人とも「いーよ、いーよ」と言ってくれました。
感謝です。

でもね、いーよ、と言ってはくれたものの、ホント、申し訳ないコトをしました。
あの、ほら、食べ物って重要じゃない?
人間て、食べるコトに関しては、理屈抜きだと思うんですよ。
食べ物の恨みは恐ろしい、ってゆーし。
(その後3人に恨まれたワケじゃないですよ、念のため。)

お昼に、美味しいものを、気分良く食べれただけで、午後すごく調子がよかったり、その日一日気分よくいられたり、そーゆうコトってあるでしょう?
だから、そーゆう意味で、お昼当番ってとても責任重大なのです。
それもお昼当番が回ってくると憂鬱な理由のひとつ。

全く、トホホです。

でも、まだこれで終わりじゃありませんでした..

波乱のお昼当番 [4]へ続く

  • みなこ 
  • 2004年10月23日 22:29 
  • [ 仕事 ]

2004年10月22日

波乱のお昼当番 [2]

月曜日、おそば屋さんへの注文で、とろろそば一つ、とノートに書いてあったので、その通りに注文。
そしてお昼休み、私はその日、出前は取らないでコンビニへ買いに行きました。
おでんを前に、さあ食うぞー!と割り箸を割ったその時、
「ねえ今日お昼当番誰かなぁー?」
という声が耳に入りました。

見ると、とろろそばを注文したAさんが、すでに食べ終わってお皿を下げようとしているところでした。
「ねえ、このとろろそば、まだ残ってるんだけど誰のだろ?」
確かに、まだ手の付けられていないとろろそばが残っています。

私がおそば屋さんに注文したのは1つ、しかもそれを注文したAさんはすでに食べ終わっています。
隣の部署が注文したのが間違えてこちらに来ているのか、それともおそば屋さんが間違えて2つ持ってきてしまったのか、どちらにしても私はちゃんと1つだけ注文したもん私のミスじゃないもん、と考えを巡らせていると、Aさんが、
「あたしは玉抜きを頼んで、コレ、もう食べたんだけど、こっちはフツーの、卵入ってるんだよね。誰のだろうね。」

ナニ?!
てコトは、オイ!!
あんたも電話したの?私もしたわよ、2つくるに決まってんじゃん!

まったくもー、カンベンしてくださいよー。
なんで勝手に注文しちゃうのよ。
しかも自分で電話したんなら、ノートに書いておかないでよ~。
書いてあったら、当番だもん、私も電話するに決まってるじゃないのぉ! 凸(`д´#

一気にアタマに血が昇ってしまいました。
でも私にとってそのAさん、できれば関わりを持ちたくない方のうちの一人なのです。
彼女は役職こそ付いていないものの、かなりの古株の方で、性格、振る舞いもキツくて、いわば『お局様』タイプのお方。
更に私にとっては、それらを差し置いても生理的に受け付けない方なのです。

そんなワケで一秒でも早くこの場を離れたい、という防衛本能が働いたのか、次の瞬間には
「あ、じゃあ間違えちゃったんですね、私これ食べますよ。」
と言いながら手早くブツを取り、自席に向かっていました。

「くぅ~なんでやねんもうおでん買ってきちゃったしお昼休み45分しかないしそんなにたくさん食べれないししかもとろろ大っ嫌いだしぃ!!!」
とココロの叫びを発しつつ。

私の防衛本能ったら、恐ろしいものです。

  • すでに自分の分のお昼ご飯を買ってきている。
  • 本当は出前を取りたかったが、お金がないので、コンビニで安くすませるコトにした。
  • 私は食べるのにとても時間がかかるので、45分しかないお昼休みでは、そんなに量を食べるコトはできない。
  • とろろは食べれない。

こんなたくさんのリスクを負っても、Aさんとこれ以上会話したくない、という生理現象のほうが勝ってしまったのでした。

内心「だからお昼当番って嫌いなんだよねもー」とか思いつつ、おでんととろろそばをヤケクソで食べていると、先程の私とAさんのやり取りを見ていたらしいBさんが声をかけてきました。

「(Aさんのほうをアゴでしゃくりながら)お金払うって?」
「いえ、特になんとも言ってませんでした。」
「払わせなよ。」
「でも~。食べてるの私だし、私払いますから。」
「そんな、みなこちゃんが払うことないよ、払わせなよ。」
「いやぁ~そんな、言えませんから~ (^-^;」

残すのも勿体ないので、必死の思いでおでんととろろそばを平らげたけれど、食べすぎで気持ち悪くて午後は仕事どころではありませんでした。
本当は、Aさんが2つ分払ってくれるのを、ちょっぴり期待してみたんだけど、やはり1つ分しか払ってくれませんでした。
結局私が食べたくもなかったとろろそば代680円を出して、おそばやさんへの支払いを済ませ、みんなにお釣りを配ったりしていると、先程のBさんに呼ばれました。

ついて行くと、Bさん含め、Aさんに負けず劣らずの古株の女性陣が数名いました。
ただ、彼女たちがAさんと違う点は、平社員よりワンランク上の『主任』の方がいたり、決してお局様タイプではなくて、みんなに好かれる人柄の方々だということでした。
どちらにしても、わが部署の重鎮の女性方勢ぞろいです (゜○゜)

「あのね、さっきのおそば代、お茶代から出すことにしたから。」
予想もしてなかった言葉に、ほぇ?!と口をあんぐり開けていると、
「いくらだった??」

やっと我に返って、
「で、ででででも、あれはみんなのお金だし、おそばは私のお腹の中に入っちゃったし!」
と言うと、
「何言ってんの、みんなのお金だからいいんじゃない。自分で勝手に頼むんなら、お昼当番なんていらないんだから、みなこちゃんが払うことないのよ。ホント、何の為にお昼当番があると思ってるんだろ!」
と、皆さんウンウンと頷いていらっしゃる。

お茶代と言うのは、これまた部署ごとに集めてるお金で、みんなで自由に飲んでもいいコーヒーやお茶なんかを、このお金で購入しています。
部費とか、自治会費みたいなものです。

そこから、出してくれると言うのです。
皆さんのご好意が嬉しくて、ガラにもなく泣きそうになってしまいました。
決して、680円払わなくてすんだからではアリマセン、念のため(笑)。

私は、職種が他の人達と違いすぎることと、性格もあって、社内ではかなり浮いています。(と自分では思ってます。)
性格的に、あまり人付き合いが上手くなくて、面倒臭いことになるのが嫌なので、自分から人の輪の中に入っていったりしません。
だから、友達と呼べるほど、特に親しい関係の人はこの社内にはいません。

更に、お堅いお役所的な会社の中に、たった一人だけクリエイティブ系というか、柔らかい業界の人間として派遣されているのです。
この会社の色に染まってしまっては、私の目指す『いい仕事』はできません。
そんな事情も重なって、とにかく浮いているのです。

だから、皆さんのこの心遣いが余計に嬉しかったみたいです。
私にも味方(大袈裟かも)がいたんだ~。

まあ、自分から親しくしたりすることもないけど、Aさんのように、まわりに危害を加えたり(笑)、といった実害がないから、自分で思ってるより私の評価は悪くないのかもしれないです。

良くも悪くも無害。
接点なし。

ってコトかな f(^-^;

なんて安心してる場合じゃありません。
波乱のお昼当番はまだ続くのです。

波乱のお昼当番 [3]へ続く

  • みなこ 
  • 2004年10月22日 23:59 
  • [ 仕事 ]

2004年10月21日

波乱のお昼当番 [1]

私の行っている会社、全面的に古臭く、『大日本帝国!』、もしくは、『高度経済成長ニッポン!』を地でいっているような社風です。
一応大企業の部類に入る規模だけど、女性の管理職は1人か2人しかいないし、封建的で女性蔑視も横行、旧時代の悪しき慣習が未だに多々存在してます。
その一つが『お昼当番』

だいたい部署ごとにお昼当番というのがいて、お昼ご飯に出前をとりたい場合はノートに記入して、それをお昼当番がまとめて注文、それぞれから代金を集めて、集金にきたお店の人に支払う、という制度。
それが一週間交代で回ってきます。
出前をとらない人にも回ってくるから、多少不公平ではあるけど、まあ合理的と言えば合理的。

でも問題なのは、それが女性だけに回ってくるってコト。
ねー、オカシイでしょう?
役職や職種で決まるならまだ分かります。
管理職はやらない、とか、外回りの多い営業職の人は免除、とか。
でも、たとえ役付きでも女性だって理由だけで当番をするし、外出することもない事務職でも、男性は当番をしないのです。
ホント、気に入らないワ~。
お昼当番というのはこんな納得のいかない制度です。

で、今週そのお昼当番が私に回ってきました。

波乱のお昼当番 [2]へ続く

  • みなこ 
  • 2004年10月21日 23:59 
  • [ 仕事 ]

2004年09月25日

遅い夏休み

なんと!今日から夏休みなのだ \^▽^/

んふふー。
なにしよっかなー。
て、別に予定もないし、家でグッタリしていたいワ。

でもお勉強しなきゃな。(ウェブのね。)
ここ数ヶ月、くだらない業務(Notesデータベース構築とかな。)で手一杯で全然勉強してなかったし。
あ、そう言えば、Notesのデータベースは、やっと2つともほぼ完成して、あとはいい加減なヘルプをサラっと書けば公開できるとこまできたんだ。
でも休みが明けたら、会社のサイトのリニューアルがいよいよ制作に入るから、10、11、12月くらいは瀕死状態になるだろうし。
そしたらまた勉強なんてできなくなるし。

柿食も少しは進めないとなぁ。
ばんちょうも、もう少し整備したいしなぁ。

やることいっぱいじゃないか~ (;_;)
あーグッタリしたい..

もしかしたら1泊くらいでモトクロス場にいくかもしれないけど、まだ決定したワケじゃないので、基本的には9日間グッタリ予定。
てゆうか希望。

2004年09月03日

Notes関数と格闘中

なのよ。

この思いつきばんちょうでは、あまり仕事の話って書かないけど、念のためアピールしてみます。
私の職業は、コンテンツ側のWebデベロッパーです。
平たく言えば、HTMLやらCSSやらJavaScriptやらを書く人です。
もっと平たくしてみると、HTMLコーダーです。

それが、なんの因果かNotesデータベースを設計中。
んなもん、『コンテンツ側』でも、『Web』でもないしー。
合ってるのは、『デベロッパー』てトコぐらいだしぃ。

まったく、なんでやねん。

こんなのより、他に覚えなきゃならないモノが山ほどあるんですよぅ!
Action ScriptとかPHPとかどーせやるんなら、そっち系やらないとキャリアにならないもん (;_;)

社内のワーキンググループで使う、掲示板らしきもの(=Notesデータベース)があって、それがどうにもこうにも使いづらいのですよ。
そして案の定、業務に深刻な障害が出てしまっているものだから、
「こんな機能を追加してください。」
とシステム部門の人にお願いしたら、
「システムに頼りすぎると、仕事進まないよ」
と、門前払い。

f゜∀゜???

ぎ、逆じゃないですケ?
仕事が進まないから、進むようにシステムを利用するんでしょ。
でもって、利用しても仕事が進まないようなシステムじゃ、意味ないでしょ。

システムは利用する為にあるし、人に合わせてシステムを変えるべき。
システムに合わせて、人を変えてどーすんのよ。
本末転倒でしょう。

間違ってる??

少なくとも私はそう叩き込まれたし、デベロッパーとして、プロとして、その姿勢はいつまでも忘れないでいたいと思ってる。

それでも数日後、テスト環境を作ってくれたのです。
「これで検証しましょう。」と。
なんだかんだ言って聞いてくれたんだ~、と大喜びで早速試用してみると、2点ほど要改善なところがありました。
あくまでも、ユーザーテストの被験者(モニターみたいなもの?)のつもりでいた私は、その2点をシステム部門の人に報告したのでした。
したら..

「あ、じゃあみなこさんに管理者の権限付与しておきましたから。」

って、え”~~~ f゜∀゜;
管理者の権限付与、て...、
そ、それはつまり、「んなヤカマシイことゆーんなら、自分で作れや」と訳して正解?

そんないきさつで現在に至るワケで、まるっきり専門外のNotes関数などをやっているワタシ。
今日、2コのうち1コが何となくできあがりました。
はぅ....
まだまだ道のりは遠いのです。

こーゆうのを作ってくれるために、システム部門があるんじゃないのでしょか?
一ユーザでしかない、ド素人のアタクチなんかに、そんなうかつに管理者権限なんて付与していいのでしょか?

会社って不思議なコトばっかりだ。

2004年08月13日

休日の私

今日は、会社の夏休みでした。
私が派遣されている会社は、年によって全社一斉に土曜日から次の日曜日まで、9連休になる年と、ちょっと変わった仕組みの年があります。
今年の夏休みはちょっと変わった仕組みのほうで、金曜日に会社全体が休みの日が3回くらいあって、あとは有給を4日取っていいから、それで長い休みを取りなさい、って仕組み。
でもさー、それってツマリ、単に有給じゃんねぇ、結局。
絶対騙されてるよ~。

全社一斉に休む場合は、夏季休暇としての休日が5日間あるけど、今年の仕組みだと、結局夏季休暇としての休日は3日間しかないってコトだもん。
それに今年の仕組みだと、結局休まない(休めない)人もたくさんいるしね。

私は派遣だから、夏期休暇なんてシステムはないので、休んだらその分お給料が少なくなるだけだし、どっちでもいいんだけど、社員の人は可哀そう。

ま、そんなワケで今日は休みだったのです。
大体週一でマッサージに通っている整骨院があって、普段は会社帰りに行ってるんだけど、最近何気に仕事が忙しくて行けなかったので、今日2週間ぶりくらいに行ってきました。

そしたら、顔をみるなり先生が
「今日お休みでしょう?」
と言うのよ。
「え”?なんで?(分かったの?)」
と聞き返すと、
「顔がいつもと全然違うよー。表情がすごい明るいもん。『私今日休みよー!』って感じ。別人みたい(笑)」
だって f゜∀゜;

そ、そーなのか...
きっといつもは、この世の終わりみたいな顔してるんだろーなぁ (^-^;

ほんっと、嫌なんだもん。
仕事じゃなくて、会社が。

2004年06月12日

佐倉って刺激的~

会社の営業所みたいのが佐倉にあります。
私は普段、東京の本社に勤めていて、佐倉は写真でしか見たことがないんだけど、昨日打ち合わせで初めて行きました。

果たして佐倉は...。
道路の脇に子供が工作で作るような針金の骨組みだけのヘリコプターがあったり、野うさぎが駐車場を猛ダッシュで横切ったりする、ものスゴイところでした (゚○゚)

ちょっとショック。

2004年02月24日

職場環境

17日の『サービス残業?』を読んだらしい会社のヒトに、「だめだよ~会社の悪口書いちゃ~」って言われちゃいました f^-^;
でも悪口じゃないですよー事実ですよぅー
だってネタありすぎるんですもの

現在、会社では大規模なレイアウト変更の真っ最中。
ま、要は社内でのお引越しです。
いろんな部署が、あっちにいったりこっちにいったり。

結構大きな備品(棚とか、オフィス家具ね)も動かすので、業者さんも入ったりします。
当然、経費もかかりますわ。

あれ~?経費削減じゃなかったっけ?

荷造りとかもしなくちゃいけません。
当然、業務に支障がでますわ。
成り行き上、残業になりますわ。

あれ~?残業代でないんだよねぇ?

きわめつけに、うちの部署のお引越しは休業日。
当然、休日出勤ですわ。
休日出勤手当×人数分、結構な額ですわ。

あれ~?経費削減なんでしょ?

あ、そーかそーか、社員の人は時間外手当ないんだもんね。
それなら経費かからないしね、だからいいんだね。

..って、いーのかよ!

しかし、なぜこんな時期に?

4月にはまた大幅な人事異動や組織変更あるはず。
そしたら、また大引越しラッシュですよ。

何度もいうようですが、経費削減じゃなかったの?

従業員に時間外手当て出ませんと言っておいて、こんなことができる神経が理解不能です。

きっとエラい人たちには、私のような下々の者には想像もつかない考えがあるのでしょう。
当然です。だってエラいんだもん。

そこまでして実施されるレイアウト変更の結果、つまりどうなるのかというと。

『社長室』新設、『食堂』廃止。

社長室はまだ分かります。
会長室はあって、社長室がないんじゃカッコつかないもんね。
(でもこの状況だと、同室でいーじゃん。って思わなくもない)
でもね、なんで食堂がなくなっちゃうのよ!
なんか間違ってない?

この会社の食堂は料理が出てきたりするわけではないけど、テレビとテーブルがあって、ここでご飯を食べることができる、という場所。
昼休み中は消灯だから、暗くて狭い自分のデスクでお昼を食べるのがイヤな人や、他の部署に仲のいいお友達がいる人たちは食堂でお昼休みを過ごす、という社内で唯一の憩いの場。

他に削るとこはあるし、食堂なくすくらいなら”女子社員は制服着用”なんてゆうセクハラ&経費の無駄遣いはやめて女子更衣室廃止したほうがいいと思う。

そういえば医務室(お医者さんとかはいないけど、ベットがあって急に具合が悪くなった時はここで休めた)もいつの間にかなくなりました。

こうゆう福利厚生施設は徐々にジワジワと、気付かれない程度に廃止していくのでしょうか。

それにしても会社ってスゴいトコです。
ある意味感激しちゃいます。
次はトイレがなくなるに違いない。ぅん。

  • みなこ 
  • 2004年02月24日 23:59 
  • [ 仕事 ]

2004年02月17日

サービス残業?

昨日、「残業を○×ベースから▽□ベースにします」とかいう回覧が回ってきたのね。
つまりどーゆうコト?と社員のヒトに聞いたら、「残業代ゼロになるって事。」だって。

私は派遣だから関係ないけど。
いただくモノはきっちりいただきますワ。

建前上は、残業代は払わないから、残業するな、ということです。
建前上は、サービス残業を強要しているワケではありません。
結果的にどうなるかは別として。

しかし、時代遅れってゆーかなんとゆーか。

バブルがはじけて大流行したサービス残業も、今は下火になってきたトコロじゃないですか?
元社員の告発だとか労組がらみで、次々に問題が明るみになって。
億単位で未払い賃金払ったり、勧告やら告発やらバンバン飛んでるご時世だってゆーのに。

それを今から導入って..。
どーなの?

「帰っちゃえば?みんな定時で帰って、それじゃ会社が回らないってこと、解らせてやればいいんじゃない?」と社員の人に言ったら、
「派遣だからそんな事言えるんだよぉ (;_;)」って言ってた。

まーね。
だからわざわざ派遣やってるんだもん。
会社に依存したくないから。

派遣も厳しいのに変わりはないけど、スキルさえあれば、とりあえず食べていける。

この会社から見放されたら生きていけない、なんてのはご免ですぅ~。

  • みなこ 
  • 2004年02月17日 23:59 
  • [ 仕事 ]